2009年10月31日

日本海越えて飛来? マンシュウアカネを道内初採集

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/196099.html

 【千歳】中国北東部やロシア東部に生息するトンボ「マンシュウアカネ」を、道内で初めて、千歳市の専門学校教員広瀬良宏さん(40)が採集した。全国的にも珍しく、広瀬さんによると今回が4例目という。

マンシュウアカネ.jpg

道内で初めて採集されたマンシュウアカネ(広瀬さん提供)


 広瀬さんは「北海道のトンボ図鑑」の著書もあるトンボ愛好家。9月末、後志管内積丹町の海辺で発見し、日本蜻蛉(トンボ)学会の井上清会長に鑑定を依頼。会長から「間違いない」と連絡を受けた。

 マンシュウアカネは体長約4センチ。胴は小豆色。羽が赤く、脚が黄色い。7年前に国内で初めて富山県で採集された。日本で採集されたマンシュウアカネの飛来経路は不明だが、大陸から日本海を渡ってきた可能性もあるという。

 広瀬さんは11月4日から、千歳サケのふるさと館(千歳市)で標本を展示する。(10/24 北海道新聞)




(´-`).。oO(希少なトンボか・・・)
ラベル:生息分布 希少種

2009年10月30日

16匹のゴキブリを口に入れた男、世界記録更新。

http://japan.techinsight.jp/2009/10/murai0910271042.html

世界記録にも様々なジャンルと種類があるが、「一度に何匹のゴキブリを口に入れることができるか」という世界記録があることをご存知だろうか?ちなみに世界記録は11匹だったが、この記録は先週ミシガン州在住の男性によって16匹にまで延びている。

ミシガン州ランシングのペットショップ店員であるショーンマーフィーが世界記録に挑戦した。世界記録の条件としては、出来るだけ多くのゴキブリを10秒間口の中に入れていなければならない。マーフィーはまず12匹を口に含み、10秒間待って記録更新が確定した後、さらに4匹を口の中にいれた。

「来年まで誰かが(16匹に)並ぶ記録が出せるかな。来年のハロウィーンには20匹に挑戦するよ。」とマーフィーは更なる挑戦をすでに考えているようだ。現在マーフィーはギネスブックによる記録認定を待っている。

(2009年10月27日 TechinsightJapan編集部 村居唯衣)





こっちにも別の動画あり
http://news.aol.com/article/sean-murphy-stuffs-mouth-with-16/735375





(´-`).。oO(大航海時代では普通にG食べてましたよね。意味のない記録です)
ラベル:むしバトル
posted by まろんど at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ピンクのバッタ!? 水俣市の小学生が発見 2009年10月24日

http://kumanichi.com/osusume/toretate/kiji/20091024001.shtml

 水俣市の久木野小1年の大川仁美ちゃん(6)がこのほど、登校中に学校正門前で全身がピンク色をした体長約3センチのバッタを捕まえた。

ピンクのバッタ.jpg


 8月にも仁美ちゃんの母親が校庭の草取り作業中に同じ色のバッタを見つけたが、飼う自信がなく、逃がしたという。「あの時のバッタがまた跳んでると思ってびっくりした」と仁美ちゃん。

 熊本博物館(熊本市)によると、正体は「マダラバッタ」。詳しいメカニズムは分かっていないが、冷え込みなどの刺激を受けて赤い色素が強く出ることがあるという。仁美ちゃんは「今度こそ飼ってみたい」と虫かごに入れ、教室で級友と一緒に眺めている。(2009年10月24日 くまにちコム)




(´-`).。oO(ピンクのバッタってたまにニュースになりますね・・・)
ラベル:突然変異
posted by まろんど at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

網を張る最大のクモを発見

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=6676107&expand

 巨大なメスに小さなオスという奇妙なカップルが動物界で新たに発見された。網を張るクモとしてはこれまで確認された中で最大となるジョロウグモの仲間、ネフィラ・コマチ(Nephila komaci)である。

ネフィラ・コマチ.jpg


 最新の研究によると、ネフィラ・コマチのメスは脚を広げた幅が最大12センチにもなる。一方、ほとんどの時間を妻の背中にしがみ付いて過ごすオスはやっと2.5センチに届く程度だ。

 ネフィラ・コマチはジョロウグモの仲間で、最大で直径1メートルの巣を張ることができる。2000年に南アフリカのある博物館に収められていたコレクションの中から初めて確認された。しかし、2007年に南アフリカのテンベ・エレファント・パークで行われた現地調査で3匹の個体が発見され、野生のネフィラ・コマチが現在も生息していることが初めて確認された。ジョロウグモ属の新種が発見されたのは1879年以来である。

 ネフィラ・コマチは南アフリカとマダガスカルの狭い地域に生息しているが、その地域でもまれにしか見られないと言われており、特にメスは、オスよりはるかに見つかりにくいという。

 その生態にはまだ不明な点が多いが、研究の共著者で、ワシントンD.C.にある国立自然史博物館の上席研究員を務めるクモの専門家ジョナサン・コディントン氏は、メスの体のサイズが極端に大きく進化したのは、体の小さな捕食者からの攻撃を阻止するためと、卵を多く産むためではないかと推測している。

 さらに同氏によると、オスはその1年ほどの生涯を“ある種の頑固な一夫一婦主義者”として過ごすという。交尾する際は、メスが脱皮している最中にオスが行動を起こすのが普通で、「メスは脚と体が柔らかくなっており、オスからの生殖行為を拒むのは難しい。生殖行為が終わると、オスはメスの中に入った自分の生殖器を切り離してメスの生殖器を塞いでしまう」。こうして生殖機能を失ったオスは死ぬまでほかのオスを追い払い続ける。

 オスがこのような戦略を採るとほかのオスは交尾できなくなるはずだが、切り離されたオスの生殖器が体内に複数埋め込まれたメスが発見されたことも何度かあるという。

 結局、今回の新種の発見は「この世界は素晴らしいという証拠が、またひとつ見つかったということだ」とコディントン氏は話している。

 この研究の詳細は2009年10月20日発行の「PLoS One」誌に掲載されている。(ナショナルジオグラフィック ニュース October 22, 2009)





(´-`).。oO(12センチ・・・でかい・・・)
ラベル:新種
posted by まろんど at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クモ・ダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。