2009年11月18日

【科学】ホタル いつから光っていた?

http://sankei.jp.msn.com/science/science/091116/scn0911160832002-n1.htm

 □体内物質が突然変異 謎の進化過程を再現

 神秘的な光を放つホタルなどの生物は、どのように発光能力を獲得したのだろう。名古屋大などの研究チームはホタルの進化を人工的に再現し、ありふれた体内物質の突然変異が光の起源だったことを突き止めた。謎に包まれた発光生物の進化の道筋が見えてきた。(長内洋介)

                  ◇

 光る生物は甲殻類のウミホタル、伊豆諸島・八丈島などに生息するきのこのヤコウタケ、昨年のノーベル化学賞を受けた下村脩氏が研究したオワンクラゲなど、その種類は意外に多く10万種ともいわれる。

 発光の仕組みはオワンクラゲなどを除いて基本的に同じだ。発光の基になる「ルシフェリン」という有機化合物が、発光酵素「ルシフェラーゼ」の働きで酸化され、光を出す。ただ、2つの物質の構造は生物ごとに異なり、詳しく研究されているのはごくわずか。進化の過程も分かっていない。

 名古屋大大学院の大場裕一助教(発光生物学)らは、ほとんどの生物が持っている脂肪代謝酵素と、ホタルの発光酵素の構造が似ていることに着目した。脂肪代謝酵素は、脂肪を燃やしてエネルギーに変える働きがある。これが発光酵素に突然変異したことが光のルーツではないかと考え、実験で検証した。

ホタル.jpg

ホタルの発光と進化


  
■結合部分にカギ

 ホタルの祖先に見立てたのは、あおむけにすると飛び跳ねるコメツキムシ科のサビキコリ。コメツキムシの仲間には、体が目玉のように光る南米産のヒカリコメツキもいるが、サビキコリは日本各地で見かける普通の光らない虫だ。

 ホタルの発光酵素は約500個のアミノ酸がつながったタンパク質で、特定の場所にルシフェリンが結合する。研究チームは、この結合部に進化のカギがあると予想。サビキコリの脂肪代謝酵素を構成するアミノ酸のうち、結合部に相当する数個を発光酵素と同じタイプに遺伝子操作で変えてみた。

 その結果、変異型の脂肪代謝酵素は発光能力を獲得。ホタルの1千分の1と弱い光だが、酵素の変異で光が生まれることを初めて実証した。進化の過程を人工的に再現したともいえる成果で、欧州の学術誌に論文が掲載された。

 大場助教は「生物の発光は特殊な現象に見えるが、ありふれた酵素が少し変化するだけで起きることが裏付けられた。この程度の変異は自然界でも十分に起こり得る」と話す。

 脂肪代謝酵素はエネルギーを得る重要な物質なのに、突然変異で無くなっても大丈夫なのか。実はホタルは、この酵素の遺伝子を進化の過程でコピーして増やし、本来の機能も巧みに温存しているのだ。

  
■威嚇から求愛へ

 もう一つの謎は、ルシフェリンの起源だ。オワンクラゲやホタルイカは、餌のプランクトンからルシフェリンを取り込んでいる。だがホタルは、幼虫が食べる貝類のカワニナにルシフェリンは含まれておらず、成虫は何も食べない。つまり体内で作って自給自足しているわけだが、その仕組みは分かっていない。

 そもそもホタルは何のために光るのか。オスとメスが繁殖時の交信に使うことはよく知られているが、未成熟な幼虫も光るので、これだけでは説明できない。大場助教は「最初は毒を持っていることを示す威嚇だった」とみる。

 ホタルには、1匹食べたトカゲが死ぬほどの毒があるという。赤と黒の体色も、言われてみれば毒々しい。捕食者への警告だった蛍光は、進化の過程で徐々に強度を増し、求愛や仲間とのコミュニケーションの手段へと発達したらしい。

 発光現象は植物や高等動物を除き、細菌から深海魚までの多様な生物で見られる。光を獲得する進化は、予想以上に頻繁に起きているようだ。「光るチョウ」や「光る鳥」といった変わり種も、どこかの秘境で人知れず息づいているかもしれない。(2009.11.16 産経新聞)





(´-`).。oO(他に光る生き物って海洋生物と菌類とクリリンぐらいですね・・・)
posted by まろんど at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

スーダン南部で深刻な寄生虫病「カラアザール」が大流行=国境なき医師団報告

http://www.pjnews.net/news/467/20091114_3

【PJニュース 2009年11月14日】スーダン南部で、深刻な症状を引き起こす寄生虫病「カラアザール」が大流行している。これを受け、国境なき医師団(MSF)は、ジョングレイ、上ナイル両州の数ヵ所で緊急対応に当たっている。ピボールとランキエンにあるMSFの医療施設で患者の治療を行い、ロムでは、移動診療チームを組織して、患者の積極的な発見に努めている。

スーダン.jpg

深刻な寄生虫病「カラアザール」が大流行するスーダンの地図。
(画像提供:国境なき医師団)


貧しく情勢が不安定なへき地で猛威を振るう病
スーダン南部で活動するMSFのデビッド・キディンダ医師は語る。「カラアザールに感染した人びとは、治療を受けないとがい骨のようにやせてしまい、免疫力がすでに弱くなっている場合は、数週間で命を落とすこともあります。また、スーダン南部では、住民の4分の3近くが基礎的な医療さえ受けられない状況にあり、時間と競争しながら、患者との接触を図っています」

カラアザール(内臓リューシュマニア症)は、スーダン南部の一部地域に特有の熱帯病の一つで、発生すると急速に拡大する。この病気は、貧しく情勢が不安定で、医療を受ける機会が非常に限られているへき地で猛威を振るう。カラアザールの原因となる寄生虫を媒介するサシチョウバエに刺されることで感染し、この寄生虫が体内で増殖し、免疫系を攻撃する。

症状としては、脾臓(ひぞう)の肥大、発熱、脱力感、消耗などがある。迅速な診断と治療が必要で、治療を受けなければ、患者のほぼ100%が1〜4ヵ月以内に死に至る。しかし、適切な治療を受けることができれば、治療成功率は95%に達する。

キンディア医師は続ける。「地区によっては、医療施設へ来る患者の数は、氷山の一角のではないかと私たちは考えています。この地域は、インフラ不足が深刻で、まともな道路はほとんどなく、医療従事者や施設も全く不足しており、現在は、暴力行為が増加して治安も悪化しています。住民はこうした数多くの障害に直面しており、命にかかわる治療を必要とする人びとにとって、状況は生き残りをかけた障害物競走のようになっています」

直接治療に加え、体調・衛生管理支援や教育活動も
最も深刻な影響を受けているのはジョングレイ州で、州北西部にあるオールド・ファンガク医療施設では、カラアザール患者275人が現地のNGOによる治療を受けていると伝えられている。MSFは、ピボールに設置しているへき地診療所で患者24人を受け入れたが、このうち2人は手当てが遅すぎたため亡くなった。また、ランキエンにある医療施設でも患者46人を受け入れている。

さらに、ジョングレイ州の北隣りにある上ナイル州では、患者66人がマラカル病院で治療中との知らせを受け、ロム地区全域で住民のスクリーニング(治療の必要な患者の選定・選別)を行うため、カラアザール発生対応チームを配置し、結果、現在37人の患者が治療を受けている。

ピボールにある医療施設で治療中の患者は、ジョングレイ州北部の牛の放牧地で感染し、その後、ピボール郡北西部のレクウォンゴル周辺の村へ帰った人びとである。現在、治安と道路事情が悪いため、MSFはこれらの村に向かうことができず、患者がレクウォンゴルにあるMSFの診療所を訪ねてくる。道路が川のような状態になっているため、MSFはそこからボートで患者をピボールの診療所まで移送している。

MSFは、1日1回の注射を30日間続けるカラアザールの直接治療だけでなく、脱水症状や貧血のほか、マラリアなどカラアザール患者に影響を与える病気の補助的な治療も行っている。さらに、患者への食糧の提供、蚊帳やせっけんの配布を行い、ジョングレイ州では、カラアザールに対する認識を高め、より多くの人びとが治療を受ける後押しをするため、健康教育活動を開始している。

MSFは1979年からスーダンで活動を開始。現在、スーダン南部各地と、南コルドファン州アブウェイ、紅海州、および北ダルフール州でプログラムを実施している。【了】




(´-`).。oO(世界にはまだまだ寄生虫で苦しんでいる人が多いのです・・・)
ラベル:虫と人の病気
posted by まろんど at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

害虫だます「こも巻き」 別府公園で始まる

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_12579174203.html

 冬に備え、松の木を害虫から守る「こも巻き」が11日、別府市の別府公園で始まった。
 マツケムシなどの害虫が冬ごもりのため木から地中へと下りてくる習性を利用し、わらで作ったこもを地中と勘違いさせて害虫を集める駆除方法。地中の虫が動きだすとされる「啓蟄(けいちつ)」(3月6日ごろ)までに取り外して焼却処分する。

こも巻き.jpg

小雨が降る中、始まったこも巻き=11日、別府公園


 同公園では、市職員ら12人が慣れた手つきで、地上1メートルほどの高さにこもを巻いていった。16日までに、市内15カ所(計約1000本)の公園などで冬支度を済ませる。(2009年11月11日 大分合同新聞)




(´-`).。oO(環境に優しそうなやり方ですね・・・)
ラベル:害虫
posted by まろんど at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

自販機内は虫だらけ? 食中毒の原因菌も検出

http://www.asahi.com/science/update/1113/OSK200911130128.html

 飲料自動販売機内には体長7ミリ以下の昆虫類が入り込むことを、大阪青山大学(大阪府箕面市)のグループが確かめた。14日に同大で開かれる日本環境動物昆虫学会で発表する。昆虫の一部からは食中毒の原因菌も検出されたという。

 大阪青山大健康科学部の安部八洲男教授らは、大阪府内の屋内3台、屋外2台の計5台の自動販売機内部に、粘着式の虫トラップ(わな)各4個を5月18日から8日間設置した。また、屋内の別な自販機1台の外部底面にも4個仕掛けた。

 その結果、トラップを内部に設置した5台ではコバエ類70匹や黒ゴキブリの幼虫など昆虫類計78匹が捕まった。外部に取り付けた自販機では69匹。内部にいた昆虫はいずれも体長が7ミリ以下で、最も多かったのは2ミリ以下のコバエ類だった。

 これらの昆虫の一部で体表の微生物を調べたところ、黒ゴキブリの幼虫から食中毒の原因となるサルモネラ菌が検出されるなど細菌類が確認された。

 サルモネラ菌は少量を摂取しても食中毒は発症しないとされるが、安部さんは「紙コップ方式の場合、昆虫類が自販機に侵入すれば汚染される可能性はある」としている。飲料水メーカーは「自販機内にフィルターを付ける、忌避剤を使うなど品質管理には万全を期している」としている。(2009年11月14日 朝日新聞)





(´-`).。oO(地味にいやなニュースですね・・・)
ラベル:害虫
posted by まろんど at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。