2009年11月14日

クモの糸の驚異と、100万匹が作った「黄金の織物」

http://wiredvision.jp/news/200911/2009111222.html

大量の野生のクモから採取された糸で作られた貴重な織物が、9月23日(米国時間)からニューヨーク市のアメリカ自然史博物館で展示されている。

織物.jpg

画像:アメリカ自然史博物館


独特の金色をしたこの織物を製作するには、4年間と大量の人員が必要だった。マダガスカルの電柱からコガネグモ科のクモを集める作業に70人が取り組み、それとは別に12人が、クモ1匹から約24メートルの糸を慎重に引き出す作業にあたった。

こうして作られた11フィート×4フィート(約3.4メートル×1.2メートル)の織物は、野生のクモの糸でできたものとしては、現存する唯一の大きな布地だ。

このプロジェクトは、織物の専門家であるSimon Peers氏とNicholas Godley氏が共同で主導した。Peers氏がクモの糸で織るというアイディアに至ったのは、フランス人宣教師のJacob Paul Camboue氏について学んだのがきっかけだった。Camboue氏は1880年代〜90年代にマダガスカルで、傷つけることなく同時に24匹のクモから糸を引き出すことができる小型の手動機械を製作し、1898年にはパリ万博で「クモ織物」を展示した人物だ。今回のプロジェクトでは、その手動機械の拡大判レプリカを作った。

最終的に、コガネグモ科のメスのクモ100万匹以上から糸が収集された。対象となったクモは、マダガスカルの全域に多数生息しており、豊かな金色の糸を出すことが知られている。このクモは刺すので、採集には注意が必要だった。また、雨期にしか糸を出さないので、作業は10月から6月にのみ、行なわれた。

手動式の機械を使ってクモの糸を引き出し、クモの糸96本からなる糸をつくる作業は、クモの収集とは別の12人が行なった。糸を出し切ったクモたちは、野生の環境に戻された。Godley氏によると、野生環境に解放されたクモは、また糸を蓄えるという(糸を出すまでに約1週間かかるが)。

クモの糸の独特な性質は、研究者の間でもずっと興味がもたれていた。クモの糸は鋼鉄やケブラーより頑丈で、さらに柔軟性でははるかに勝っている。通常の長さから40%、途切れさせずに引き伸ばすことが可能だ。

[ケブラーは、1965年にデュポン社が開発した樹脂。高強度・高耐熱性であり、同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度を持つ。プラスチックの補強、船体、飛行機、防刃ベストなどに使用されている。クモの糸の強度は、同じ太さの鋼鉄の5倍、伸縮率はナイロンの2倍ある。鉛筆程度の太さの糸で作られた巣を用いれば、理論上は飛行機を受け止めることができるとされる]

ただ残念なことに、クモの糸は大量生産が非常に難しい。まとめて飼育するのが簡単なカイコと違い、クモには一緒に閉じ込めると共食いする習性があるからだ。[新鮮な生餌が必要で、クモの数が適当でないと共食いを起こしやすい]

また、実験室でクモの糸を作るのが難しい理由の1つとして、糸が最初は液体タンパク質である点が挙げられる。クモはまず、腹部にある特別な腺[出糸腺]に液体タンパク質をつくる。その後、出糸突起で液体タンパク質に物理的な力を加え、分子構造を再構成することで、固体のクモの糸が作り出される。この仕組みを人工的に作り出すことに、まだ完全には成功していないのだ。

クモの遺伝子をバクテリア(あるいはウシやヒツジ)に注入し、クモの糸の生産を試みた研究グループもある(日本語版記事)が、今のところ、完全な成功には至っていない。

http://wiredvision.jp/archives/200201/2002012506.html

[リンク先の記事は、世界初の合成クモの糸『バイオスティール』について紹介している]
(2009年11月12日 WIRED NEWS)





(´-`).。oO(間違いなく世界で一番手間のかかった織物ですね・・・)
posted by まろんど at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クモ・ダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

RNA干渉や筋肉の衰え 宇宙で仕組み検証 東北大

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/11/20091108t15017.htm

 東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(ゲノム継承システム)らの研究グループは、RNAの断片を細胞内に入れ、遺伝子の働きを抑える「RNA干渉」の効果を宇宙空間で検証する実験を近く始める。併せて筋肉が衰える仕組みの解明にも挑み、人間が宇宙で生活を送る際の医療研究に役立てる。

 RNA干渉は現在、注目される遺伝子治療の一つ。人為的に入れたRNAの断片によって遺伝情報を写し取るRNAの働きを抑えて、病気などの原因となる特定のタンパク質の合成を抑制させる。宇宙でも有効であれば宇宙滞在中の病気治療にも有効な手段となる。

 さらに筋力低下に関する遺伝子なども詳しく分析する。仕組みが解明できればRNA干渉によって筋肉を分解する酵素の生成を抑制し、宇宙での筋肉の衰えを防げる可能性があるという。

 実験は宇宙航空研究開発機構と共同で実施。米航空宇宙局(NASA)が16日打ち上げ予定のスペースシャトルで実験素材を運び、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」で宇宙飛行士に操作してもらう。

 実験ではRNAの断片を細胞内に入れた体長約1ミリの線虫を使う。線虫は全遺伝情報が解明されており、研究のモデル生物とされる。3〜4日で成虫になるため、子や孫の状況も容易に追跡できる。

 研究グループは約1万匹の線虫と餌となる大腸菌を入れた袋を60パック準備。宇宙での実験で1世代目、2世代目が成虫になった段階でそれぞれ冷凍して保存し、後に帰還するシャトルに搭載する。地球到着後に解凍し、線虫の状態を解析する。

 東谷教授は「筋肉が衰える仕組みが解明できれば、宇宙空間だけでなく寝たきりによる筋肉の衰えの治療にも応用できる可能性がある」と話している。(2009年11月08日 河北新報)




(´-`).。oO(線虫、宇宙へ・・・)
posted by まろんど at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

ホタル:「きれいな光を」 新堅町小児童、辰巳用水に幼虫250匹放流 /石川

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20091027ddlk17040730000c.html

 金沢市立新竪町小学校4年の児童14人が26日、市内を流れる辰巳用水にホタルの幼虫250匹を放流した。幼虫は市民でつくる「金沢ホタルの会」の会員が飼育。来年6月ごろから成虫となって舞う姿が見られるという。

 金沢ロータリークラブと金沢ローターアクトクラブが主催。市内でホタルが舞う光景を復活させようと07年から辰巳用水の環境整備と幼虫の放流を行っている。昨年10月には幼虫300匹を放流し、今年6〜7月に約20匹の成虫を確認した。

 長靴姿の児童たちは流れのゆるやかな場所でコップを傾け、ゲンジボタルとヘイケボタル、餌となるカワニナの幼虫を放流した。永田絢子さん(9)は「早く大きくなってきれいな光を見せてほしい」と話していた。(毎日新聞 2009年10月27日)





(´-`).。oO(別ソース・・・)


「広坂ホタル」定着に期待 辰巳用水に幼虫放流
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20091027101.htm




(´-`).。oO(ホタル、増えるといいですね・・・)
ラベル:放虫 虫と子供
posted by まろんど at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

ゴキブリは磁場が見える:渡り鳥と同様のシステム

http://wiredvision.jp/news/200910/2009102021.html

渡り鳥が地球の磁場、つまり地磁気を感じることによって自分たちが旅する方向を決めるのと同様に、ゴキブリも、地磁気の検知を利用して台所を走り回っているらしい。

『Journal of Experimental Biology』誌のオンライン・サイトに10月16日付けで掲載された論文の中で、研究者たちは「昆虫は、鳥と同様の磁気受信能力を備えている可能性がある」と述べている。

ゴキブリが進路を決めるメカニズムを解明するため、チェコ共和国の研究者たちは、まず人工の磁場の中にゴキブリを入れた。磁場を回転させると、ゴキブリたちはその動きに従った。

これ自体は驚くほどのことではない。ゴキブリが、他の多くの昆虫と同様に磁場を検知できることは科学者たちも知っている。しかし、ゴキブリが備えている仕組みが、体内の磁鉄鉱の粒子が地磁気の引力に反応する「コンパス」型の細胞なのか、あるいは、[渡り鳥が備えているような、]ラジカルペアの状態にある電子対(日本語版記事)が地磁気のわずかな変化によって異なる方向に回転して[弱い磁場変異を感じ取って]「地図作成を行なう細胞」なのかはわかっていなかった。

研究者たちが、電子対による地図作成細胞を混乱させるとされる電波をゴキブリに大量に浴びせたところ、ゴキブリは磁場の回転に従わなくなった。つまり彼らの進路の決定には、電子対による地図作成細胞という仕組みが使われているらしい。

ゴキブリは3億5000万年前から存在することから、この地図作成の仕組みは昆虫の世界に広く行き渡っている可能性がある。

[ショウジョウバエがクリプトクロムで磁場を感知しているという研究はこちら]
http://www.newscientist.com/article/mg19926665.400-blue-light-helps-flies-feel-the-force.html


ゴキブリがなぜ、このような精密な磁気受信能力を備えているかについては謎のままだ。(WIRED NEWS 2009年10月20日)







(´-`).。oO(関連ニュース・・・)



不死身の駿足「ゴキブリ型ロボット」(動画)
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101921.html



安価な軽量ロボット『DASH』は、ゴキブリを参考にして開発された。素早い動きと、ほとんど不死身である点がゴキブリに似ている。

DASHは、「Dynamic Autonomous Sprawled Hexapod」(動的自律的6本足)の頭文字をとっている(……ということだが、これはこじつけだろう)。屈曲性ポリマーを挟んだ厚紙を材料に、3Dプリンターを使って製作されている。重さが約16グラムしかなく、どんな高さから落下しても壊れない。

長方形のボディに搭載されるDCモーターは1個のみで、それが6本の足に巧みにつながっている。6本の足は連動して動き、ボートのオールのように回転する。

DASHはその気味の悪い「昆虫走法」によって、秒速1.5メートルで床を駆ける。全長が10センチなので、全長の15倍の距離を1秒間に進んでいる。私自身に当てはめてみると、1秒に約27メートルを這える計算になる。

生体模倣技術(バイオミメティクス)を研究する、カリフォルニア大学バークレー校のBiomimetic Millisystems研究所が設計したDASHは、おそらく今後、より頑丈で強力なカーボンファイバー版へと形を変えていくだろう。われわれにわかるのは、われわれの終わりが近いということだけだ。こんなロボットの一群がレーザーを装備すれば、人類などイチコロだろう。

ブライアン・イーノが2001年に出したアルバム『Drawn From Life』を流しながら、動画のナレーターの声に耳を傾けてみて欲しい。[『2001年宇宙の旅』の]HAL 9000のように冷淡な声ではないだろうか。(WIRED NEWS 2009年10月19日)





(´-`).。oO(ゴキブリに機能美を感じる・・・?)
ラベル:生態 新発見
posted by まろんど at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。