2010年02月15日

蚊をレーザーで捕捉・迎撃する装置(動画)

http://wiredvision.jp/news/201002/2010021323.html



今年のTED(Technology, Entertainment and Design)会議は、カルフォルニア州ロングビーチで開催されている。

昨年は、マラリアの危険性をテーマにして講演したBill Gates氏がTED会場に蚊を放したことが話題になったが、もし今年もこのパフォーマンスが行なわれたとしたら、新兵器がこれを迎撃しただろう。

Intellectual Ventures Laboratory[Microsoft社の元CTOであるNathan Myhrvold氏らが設立した会社]のNathan Myhrvold氏は、飛んでいる蚊を追跡してそれを迎撃する「デス・スター」のような装置を、LED会議でデモンストレーションしたのだ。この装置は、同研究所に属する科学者たちが部品をオークションサイトで買って作成したものだ。

Myhrvold氏のチームは、今回のステージでは安全上の理由で、本物のレーザーではなくグリーンレーザーを使った。カメラが装備されたガラスの箱に複数の蚊を放ち、レーザー装置を箱に向けた。レーザー光は飛んでいる蚊を瞬時に捉えた。

このライブ・デモンストレーションの後、同氏は本当に蚊がレーザーで迎撃される動画を放映した。現在、アフリカなどの場所でこの装置を使う場合、コスト的にどうかについて検討中だという。

Myhrvold氏は、43秒に1人の子供がマラリアで死んでいる現状を説明し、有効なワクチンがなく蚊帳が支給されても魚を獲る網に使われたりしてしまうと述べた。

WIRED NEWS 原文(English)

(2010年2月13日 WIRED NEWS)




(´-`).。oO(こんなハイテクが蚊帳を魚の網に使う地域に投入されうるのか・・・?)
posted by まろんど at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハエ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

オオムラサキの幼虫を保護

http://www.nhk.or.jp/utsunomiya/lnews/05.html

那須烏山市の山林で、国のちょう、国ちょうとして知られる「オオムラサキ」の幼虫を、野鳥に食べられないように捕まえて保護する作業が、親子連れが参加して行われました。

オオムラサキの幼虫はこの時期、体長が1センチほどで茶色い色をしていて、落ち葉の下で冬を越しています。
放っておくとほとんどが野鳥に食べられてしまうため、栃木県内で環境学習に取り組んでいるグループが、毎年、那須烏山市内の山林で子どもたちと一緒に幼虫を捕まえて保護しています。
13日は栃木県内の小学生と保護者、それに地元の人たちなどあわせて60人が参加しました。
山林はうっすらと雪が積もり、幼虫はなかなか見つかりませんでしたが、子どもたちは落ち葉を一つひとつ裏返しては、葉の裏側に張りついている幼虫を探して、1時間ほどの間にあわせて91匹を捕まえました。
参加した子どもたちは、「幼虫を見つけるのが難しかった」とか、「幼虫探しは面白かった」などと話していました。
捕まえた幼虫は、鳥よけのネットを張りエサとなるエノキを植えた屋外の飼育場で6月ころまで保護し、羽化したあと再び山林に放すことにしています。(二月十三日 NHKオンライン)



(´-`).。oO(楽しそうですが、意味はあんまりなさそうな・・・?)
ラベル:虫と子供
posted by まろんど at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

季節移動をするチョウは風に乗って長距離をスピード移動、研究報告





(´-`).。oO(時速100キロってマジかよっ!?)
ラベル:新発見
posted by まろんど at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

背中にハート型に見える模様を持つカメムシが注目を集めています。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00171574.html
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20100210/20100210-00000574-fnn-loc_all.html

ハートのカメムシ.jpg


バレンタインデーを前に、背中にかわいらしいマークを持っている虫が注目を集めています。
枯れ草の下にいる虫は、背中にハート型に見える模様を背負っています。
この虫は、越冬するカメムシの仲間で、「エサキモンキツノカメムシ」といいます。
カメムシというと、とても嫌なにおいを発することで知られていて、嫌われることが多いですが、このかわいらしいマークのおかげで、人気を集めているようです。

(02/10 FNNニュース)



(´-`).。oO(バレインタインとか死ねばいいのに・・・)
posted by まろんど at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。