2010年03月19日

ミツバチ16万匹分盗まれる 城陽、巣箱8箱被害

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100317000198&genre=C1&area=K00

 京都府城陽市市辺の山すそで養蜂(ようほう)園を営む京都市伏見区の男性(59)がミツバチの巣箱8個(計約40万円相当)を盗まれたと、17日までに城陽署に届け出た。同署は窃盗事件として調べている。

 城陽署によると16日午前11時ごろ、男性が現地を訪れると92個あった巣箱のうち8個がなかった。前回様子を見た3日夕には異常はなかった、という。

 巣箱は木製(高さ40センチ、幅40センチ、奥行き60センチ)で重さ10キロ。1箱に約1万5千〜2万匹が生息する。みつの収穫期は4〜6月で1箱で約6〜7キロが採取できるという。

 城陽署は最近の受粉ミツバチの減少による農家への転売なども視野に入れ、捜査を進める。

 京都府養蜂組合によると、ミツバチ盗難事件は全国で多発しており、綾部市でも今年1、2月に計6箱の被害が確認されているという。

(Kyoto Shimbun 2010年03月17日)



(´-`).。oO(CCDの新しい形か・・・)
ラベル:養蜂 むし犯罪
posted by まろんど at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

「高い所に卵産むと大雪」カマキリ予報的中

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100316-OYT1T00600.htm

 「カマキリが高い所に卵を産むと大雪になる」との言い伝えを基に、新潟県長岡市の電気通信会社役員酒井与喜夫さん(74)が、40年にわたって冬の積雪を予測している。

 同県などの日本海側が、「暖冬、少雪」と予報されていた今冬も、年末から1月にかけての大雪を予知し、昨秋冊子にまとめていた。昆虫の専門家は「言い伝えに科学的根拠はない」とみるが、酒井さんの予測はよく当たるため、「カマキリ博士」と評判になっている。

 新潟地方気象台によると、この冬の最深積雪量は、魚沼市入広瀬で275センチ、上越市安塚246センチ、新潟市81センチ。酒井さんの予想は、それぞれ267センチ、228センチ、33〜48センチだった。酒井さんが積雪の予測を始めたのは、会社を興した1963年(昭和38年)。この年は「三八豪雪」と呼ばれる大雪で、自社で扱うテレビアンテナが雪の重みで壊れるなどの被害が多発し、雪への備えの必要性を痛感したという。

 その際、頭に浮かんだのが、子どもの頃から聞かされていた、カマキリの卵と降雪に関する言い伝え。数多くの卵を調べれば、予測が可能になるのではないかと考え、独自調査を始めた。

 調査は、県内を中心に多い年は280か所、2800個以上に。卵の観察から、「カマキリは、卵を産み付ける木を通じて、地球の水分量の変化を察知しているのでは」と思い立ち、地中から木に伝わる振動を自作の低周波測定器で調べた。以来、そのデータが積雪予測の基になっている。

 酒井さんはこれらのデータを約25年前から冊子にまとめ、会社の取引先などに配布している。この冬の約250か所の積雪予想について、「ピタリ3割、誤差数%が3割、外れが3割くらい」と話す。過去25シーズンも、平均するとほぼ今冬と同程度の精度で予知してきたという。

 一方、昆虫の専門家は、「言い伝えは偶然にすぎない」との見方で、京都大農学部の藤崎憲治教授(昆虫生態学)は、「卵は雪に埋もれても死滅することはなく、むしろ孵化(ふか)率は増す」としている。
(2010年3月16日15時44分 読売新聞)



(´-`).。oO(迷信じゃなかったのか・・・?)
ラベル:生態
posted by まろんど at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

南方系ゴキブリ急増 紀南地方の市街地

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=186204
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000004-agara-l30

 近年、南方系のゴキブリが和歌山県の紀南地方の市街地などで多く見られるようになった。田辺市内では「ワモンゴキブリ」が公園や広場などに潜み、白浜町では「サツマゴキブリ」が生息域を広げている。

南方系ゴキブリ急増.jpg


 ワモンゴキブリは、屋内に侵入してくるゴキブリの中で最大種。5センチ近くにまで大きくなる。昨年、市内の公園で大量発生し、市管理課公園係が駆除した。これまで県内では温泉街で確認されていたが、近年は冬場の気温上昇と暖房機器の発達で一般家庭でも見られるようになったという。

 同市朝日ケ丘に住む男性(48)は「ここ数年急激に増えてきた。逆にクロゴキブリやチャバネゴキブリなど一般的だった種類が少なくなってきた気がする」と話す。

 サツマゴキブリは全長3〜4センチほど。以前から白浜町の温泉街周辺などで見られていたが、最近は分布域を南へと拡大しており、昨秋からは同町日置の志原海岸周辺の庭先などでも多く見られるようになった。

 南紀生物同好会の玉井済夫会長(71)は「陸と海でさまざまな南方系の生物が確認されるようになった。今後もさらに増える可能性がある」と推測している。


【ワモンゴキブリ(上) 世界的な家屋性害虫。体は淡褐色で胸の周辺に黄褐色のリング状の斑紋がある。アフリカから広がったといわれ、世界の熱帯〜亜熱帯に広く分布している。  サツマゴキブリ(下) 羽が退化して飛べない。体内で卵から幼虫がかえる卵胎生。普段は野外の落ち葉や朽木、石の下でじっとしていて、屋内に入ることがほとんどない。】

(2010年03月16日 紀伊民報)



(´-`).。oO(ゴキの世界のシマ争いですね・・・)
ラベル:害虫 生息分布
posted by まろんど at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

下条のホタル守ろう…住民動いた 有志が組織結成し保護活動

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/9750.html

 年々減るホタルを守ろうと十日町市下条地区の住民有志が下条ホタルの会」を結成し、このほど、設立総会を同市の下条公民館で開いた。繁殖に向けて用水路を設置するほか、えさの放流などに取り組む。

 会員は同地区住民を中心に約70人。同地区では約100カ所でホタルの生息が確認されているが、その数は年々減少。環境の変化に敏感なホタルは「環境のバロメーター」とも呼ばれることから、同会世話人の小海茂さん(65)らがホタルも住める自然環境を実現しようと設立を呼び掛けた。

 今後、ホタルの生態を調査する。生息や繁殖の条件が整った場所に4月から用水路を設置し、えさとなる巻き貝の「カワニナ」を放流する。夏にはホタルの鑑賞会を開く予定だ。

(新潟日報2010年3月15日)



(´-`).。oO(蛍を守るということは自然を守るということなのです・・・)
ラベル:放虫
posted by まろんど at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。