2010年04月30日

ゾウは怒ったハチの羽音が苦手、音声で仲間に避難を促すことも




(´-`).。oO(おこったぞう・・・)
posted by まろんど at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ベッコウトンボ まだ姿見せず 国内最大の生息地 鹿児島・藺牟田池

http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_703.shtml

 環境省のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)1類に指定されているベッコウトンボが、国内最大の生息地・鹿児島県薩摩川内市の藺牟田(いむた)池で今年はまだ姿を見せていない。例年4月中旬までには羽化しており、昨年夏の渇水と今月の寒さが羽化の遅れに影響しているとみられる。関係者は「早く元気な姿を見せて」とやきもきしている。

ベッコウトンボ まだ姿見せず.jpg


 池は昨夏の少雨で湖底がむき出しになり、水量は現在も満水時の7割程度。気温も今月14―17日は1日の平均気温が平年を7―5度下回るなど寒い日が続いた。
 
 ベッコウトンボの初観察が最も遅かったのは、調査を開始した1996年4月28日。逆に最も早かったのは2007年3月25日で、昨年は4月6日、一昨年も4月12日と、ほぼ4月20日までに初観察されていた。
 
 毎日調査している「ベッコウトンボを保護する会」の永野萌子代表世話人(86)によると、今年は別の種類のトンボも少ないという。永野さんは「初めは大丈夫と高をくくっていたけど本当に心配。もっと暖かくなってほしい」と気をもむ。
 
 昨夏の渇水後、市はベッコウトンボの人工飼育を計画。4月下旬に捕獲して卵を産ませ、水槽で幼虫を育てる予定だった。人工飼育を依頼されている鹿児島国際大非常勤講師の成見和総(かずふさ)さん(68)は「まさか絶滅ではないと思うが、個体数が減少するのは間違いないだろう」と話している。
 
=2010/04/26付 西日本新聞夕刊=



早くもベッコウトンボ 中津の野依新池 2年連続、3月に成虫
http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_692.shtml

 中津市の野依新池で、環境省レッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)1類に指定されているベッコウトンボが早くも飛び始めている。大分トンボの会(佐藤京子理事長、38人)が3月28日に成虫3匹を初確認。3月中の成虫確認が初めてだった昨年より1日早い。4月6日には約30匹が見られたという。5月5日午前10時から、現地で観察会を開く。

 
0409ike.jpg 羽化が早まった理由を、同会の佐藤理事長は「暖冬で池の水温が高く推移した影響が考えられる」と指摘。「この分では6月までのシーズンを通して例年通り千匹程度は発生するだろう」と予想している。
 
 野依新池(約1万1000平方メートル)は、水田約30ヘクタールを潤す農業用ため池だが、ベッコウトンボの数少ない繁殖地で、約50種のトンボが生息。生物多様性に秀でているとして3月、農林水産省の「ため池百選」に県内から唯一選ばれた。
 
=2010/04/09付 西日本新聞朝刊=



(´-`).。oO(幸せの〜トンボよ〜どこへ・・・♪)
タグ:環境

2010年04月28日

精進湖のイトミミズ 37年前の28倍 富栄養化進行 赤潮発生の恐れも

http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/04/21/18.html

 富士五湖の一つ精進湖(富士河口湖町)で低酸素状態で生息できるイトミミズなどの「水生貧毛類」の数が37年前と比べ、約28倍に増加していることが山梨自然湖沼研究会の調査で分かった。釣りで使う練り餌などが湖底に沈殿するなどして「富栄養化」が進行しているためという。同会の信州大応用生物学系生物資源・環境科学課程の平林公男教授は「このまま富栄養化が進めば、将来はアオコや赤潮の発生する可能性が高い」と指摘している。
 調査は、3月1日に同会のメンバー約10人が専用機械を使い、水深5〜11・3メートルの4地点で湖底の泥を採取。泥の中に生息する生物を調査し、1973年の3月10日に行った調査結果と比較した。
 結果によると、1平方メートル当たりの水生貧毛類の生息数は2063匹で、前回調査の27・9倍に上った。また低酸素で生息できる「フサカ」の幼虫を同湖の調査では初めて確認。1平方メートル当たり48匹が生息していた。調査中の本栖湖を除く富士五湖でフサカが確認されたのは初という。
 平林教授によると、精進湖は面積が小さく、水深が浅いため富栄養化が進みやすいという。ヘラブナ釣りなどの人気スポットで、釣り客の練り餌が湖底にたまることも要因の一つと考えられるという。
 平林教授は「このままのペースで富栄養化が進めば、魚類が酸欠状態になって大量死する淡水赤潮や、死滅する時に異臭を発するアオコが発生する可能性が高い」と警鐘を鳴らす。
 精進湖漁業協同組合の渡辺勝夫組合長は「湖底のヘドロをくみ出すことが最も効果的だが、費用面で厳しい。釣り客に余った餌を持ち帰る呼び掛けなどを徹底していきたい」としている。
 同会が昨年、西湖で実施した調査では、約40年前に比べ水生貧毛類は約7倍に増加していた。

(2010年04月21日)



(´-`).。oO(湖が汚くなってるんですね・・・)
タグ:環境
posted by まろんど at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒル・ミミズ・KGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

オーストラリアで『イナゴのピザ』が新名物に!パリパリとした食感が絶妙!?

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0423&f=national_0423_001.shtml

  オーストラリアで「イナゴのピザ」が話題になっていると19日(現地時間)、ABCニュースが伝えた。

locusts on pizzas.jpg


  ビクトリア州北部ミルデュラ市に登場した「イナゴのピザ」は、同市長のGlennMilne氏がアイデアを出したもの。同市ではこの30年間でイナゴの数が激増し、様々な場面で弊害が生じていた。

  例えばユーカリの低木が生える薮のなかを車で通ると、フロントガラスにイナゴがべったりと付いてしまう。また、植えたばかりの穀物を食べてしまうため、農夫らも頭を抱えていた。さらに、ゴルフ場の芝生のうえにもイナゴの大群が押し寄せ、プレイを楽しむこともままならない状況だった。

  洗車場のスタッフによると「車の窓をキレイにしようとする人が多いため、これまでの4倍の客が訪れている」という。「イナゴは誰であろうと、どんな車に乗っていようと関係ない。何も気にせずに車に体当たりしてくる」とその凄さを語る。

  そこで考え出されたのが「イナゴのピザ」だ。駆除をするだけではなく、街の名物として「イナゴピザ」を売り出せば一石二鳥というわけだ。Milne市長は「イナゴの死体は、車の上で簡単に見つかるだろう。しかし、ちょっと外に出て、イナゴを捕まえるという手もある」と話している。

  気になるのは味だが、チーズの風味とイナゴのパリパリとした食感が絶妙だそうだ。この地域に旅行する際は、ぜひ新名物の「イナゴのピザ」をチェックしよう。(情報提供:ロケットニュース24)



(´-`).。oO(うむ、おいしそうですね・・・)
タグ:虫ビジネス
posted by まろんど at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。