2010年04月26日

春、虫もおしゃれに

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20100424-OYT8T00027.htm

豊橋にピンクのクビキリギス

 豊橋市内でピンク色のクビキリギスが見つかり、同市自然史博物館(大岩町)のホールで23日から飼育展示している。

 クビキリギスはキリギリスの仲間で、長谷川道明主任学芸員によると、通常、体は緑色か褐色だが、まれに色素が欠乏してピンク色をした個体が見つかることがあるという。

ピンクのクビキリギス.jpg

見つかったピンクのクビキリギス=豊橋市提供


 見つかったのは体長約6センチのオス。同市内の主婦が21日夜、自宅の庭先で見つけ、同館に持ち込んだ。クビキリギスはあごの力が強く、何かにかみついたまま体を引っ張ると頭が抜けてしまうこともあり、この名がついたという。

 同館ではクビキリギスを2週間ほど展示する予定。この日は地元の中学生らが見学に訪れ、「本当にピンク色だ」と驚いていた。
(2010年4月24日 読売新聞)

クビキリギス:ピンクのバッタは春色の使者 愛知・豊橋
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100430k0000e040052000c.html



(´-`).。oO(物騒な名前の虫ですね・・・)
ラベル:突然変異 珍種
posted by まろんど at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ボルネオ島の新種:世界最長の昆虫

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010042305&expand

巨大なナナフシ.jpg


 木の枝そっくりの巨大なナナフシが男性の肩に乗っている。全長56.7センチ、世界最長の昆虫だ。

 2008年に発見された新種で、ロンドン自然史博物館に標本を寄贈した発見者のチャン(Datuk Chan Chew Lun)氏にちなみ「チャンズ・メガスティック(チャンの巨大な枝)」(学名:Phobaeticus chain)と命名された。これまで見つかったのは3個体だけで、詳しい生態は依然わかっていない。

 ボルネオ島では2007年以降、29種類の新種の無脊椎動物が発見されているが、このナナフシもその1つである。世界自然保護基金(WWF)公表の最新報告書によると、ボルネオ島ではこのほかにも67種の植物、17種の魚、5種のカエル、3種のヘビ、2種のトカゲ、1種の鳥が新たに発見されているという。

Photograph courtesy Orang Asli

(National Geographic News April 23, 2010)




ボルネオの新種:“忍者”ナメクジ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010042303&expand

忍者ナメクジ.jpg


 ボルネオ島マレーシア領で発見された新種のナメクジ(学名:Ibycus rachelae)。尾の長さが頭部の3倍もある珍種で、同地の高山地帯で確認されたのが初めて。

 生殖器に付いた恋矢(れんし)という炭酸カルシウムの器官を交尾相手に突き刺し、ホルモンを注入するという。このキューピッドのような習性は繁殖の成功率を上げるためとみられており、「忍者ナメクジ」という異名が付いたという。

Photograph courtesy Peter Koomen

(National Geographic News April 23, 2010)



(´-`).。oO(ボルネオの森すごいですね・・・)
ラベル:新種
posted by まろんど at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

ギュリキマイマイの生体、兵庫県三田市内で初めて見つかる

http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre8/20100423-OYO8T00512.htm

カタツムリ採取・観察151件、25種、2年間の調査結果を発表…有馬富士自然学習センター

 兵庫県三田市有馬富士自然学習センターは、2年計画で取り組んでいる市内のカタツムリの生息調査の結果をまとめ、22日に発表した。151件、25種類のカタツムリが採取・観察され、市内で確認された記録のなかったギュリキマイマイの生体が初めて、同市母子で見つかった。これまで六甲、丹波両山地で生息が確認されており、同センターは、三田を経由して分布したと分析している。

ギュリキマイマイ.jpg

三田市で初めて確認されたギュリキマイマイ


 日本生物教育会の全国大会が8月、神戸市で開かれるのに合わせ、08、09年の5〜11月に県内調査を実施。あまり移動しないため種の分布範囲が限られ、地域の自然環境が把握しやすいとして、カタツムリが調査対象に選ばれた。

 全県では約800人から2002件の報告があり、約100種が確認され、三田市は神戸、姫路両市に次いで3番目に多かった。

 三田市内の調査には、高校生と市内の小学生らも協力、園児からの報告もあった。地域別では47地域から情報が寄せられ、大川瀬やすずかけ台、相野の各地域が多かった。主な生息地は河川敷や校庭、神社、農園などだった。

 種別では、クチベニマイマイとコベソマイマイが多かった。一方、広く分布するナミマイマイが5件と、他市町に比べて少なく、同センターは「要因を調べたい」とした。

 同センターは6月に、調査結果の展示やカタツムリ観察会の開催を予定。結果についての問い合わせは同センター(079・569・7727)。
(2010年4月23日 読売新聞)



(´-`).。oO(人はいくつからかたつむりにさわれなくなるのか・・・)
ラベル:生息分布
posted by まろんど at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | かたつむり・ナメクジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

性的共食いを行うコガネグモ、その理由とは?研究




(´-`).。oO(共食いされたほうが遺伝子残せて勝ち組なのか・・・)
ラベル:生態 実験 遺伝子
posted by まろんど at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クモ・ダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。