2009年08月19日

希少種「ヤマタカマイマイ」 三朝東小児童が発見

http://www.nnn.co.jp/news/090816/20090816091.html

 環境省のレッドデータブックで、準絶滅危惧(きぐ)種に指定されている「ヤマタカマイマイ」を鳥取県三朝町内の児童が見つけ、話題になっている。鳥取県内でも生息数はわずかだといい、貴重な発見に関心が寄せられている。

ヤマタカマイマイを観察する山本君.jpg

ヤマタカマイマイを観察する山本君=三朝町


 発見したのは三朝町立東小6年の山本時央君(12)。先月上旬の登校中に、西小鹿地区で道にいたのを見つけた。

 「ヤマタカマイマイ」はマイマイ目ナンバンマイマイ科で、2007年に環境省の準絶滅危惧種に指定されている貴重なカタツムリ。殻幅2・5センチに対し、殻高が3センチもある薄茶色の卵形の高い殻が特徴で、殻は七つ以上の塔で形成されている。

 倉吉博物館の国本洸紀専門委員によると、県内のどこにでも生息しているが、個体数は少なく珍しいという。「なかなか出合うのも難しく、見つけても見過ごさなかった観察眼はすばらしい」と山本君の発見を賞賛する。

 山本君は捕まえた時、「殻が大きなカタツムリだな」と思ったといい、すぐ学校へ持参。珍しいカタツムリだと知って「とても驚いた」と話す。

ヤマタカマイマイ.jpg

山本君が見つけたヤマタカマイマイ



 同校では4月以降、児童が「アサヒナカワトンボ」や「ニホンヒキガエル」など貴重な生き物を次々と捕まえおり、中前雄一郎校長は「地域にこんなに素晴らしい生息環境が残っているのを、児童や地域住民にも知ってもらい、地域の誇りとしてこれからも守っていってほしい」と目を細めていた。




(´-`).。oO(すごい小学生だな。目の付け所が違う!)
posted by まろんど at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | かたつむり・ナメクジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。