2009年08月23日

スズムシ、マツムシ境内に少年団が放つ

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20090817-OYT8T01001.htm

 地域の人たちに虫の音を楽しんでもらおうと、近江八幡市宮内町の日牟禮八幡宮境内で17日、子どもたちがスズムシやマツムシを放った=写真=。

子どもたちがスズムシやマツムシを放った.jpg


 1995年に79歳で亡くなった中守誠之助さん(近江八幡市仲屋町元)が戦時中、スズムシの音に癒やされたことから、85年に市内の森などにスズムシなどを放ち始めた。その遺志を継ぎ、市緑の少年団(川橋袖子団長)が毎年実施している。

 今年は中守さんの長男、秀雄さん(61)が飼育したスズムシ約500匹、マツムシ約80匹を、団員の小学生ら25人ほどが、数回に分けて緑の葉の上にそっと放した。

 市立八幡小2年の西井葦矢君(8)は「大きくなったスズムシの、きれいな鳴き声を聞いてみたい」と話していた。



(´-`).。oO(もう夏も終わりですね・・・)
ラベル:放虫 虫と子供
posted by まろんど at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。