2009年08月31日

天候不順、ミツバチ繁殖に影響=「年内の不足は回避」−農水省

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009082800786

 今夏の天候不順の影響がミツバチの繁殖にも出ていることが明らかになった。農水省が7月、全国の養蜂家約3000戸を対象に行った調査で、「順調に増えている」との回答が693件あった一方、「増えていない」との回答も548件に上った。同省は「年内は深刻な不足は回避できそう」(畜産振興課)としているが、年明け以降不足する事態に備え輸入などの措置を検討する。

写真素材 PIXTA
(c) 写ぁ・アズナブル写真素材 PIXTA


 ミツバチは夏の間に十分繁殖させ、秋から春にかけてイチゴやメロンなどの受粉に利用する。同省によると、今夏は長雨や低温でハチの活動が鈍った上、みつの源となる花の開花状況も悪かった。
 現時点では秋口の需要のうち9割方は供給できる見込み。ただ、年明けまで供給が続けられるかどうかは不透明な情勢で、同省はハチの延命状況を見ながら必要な対策を検討する。


(´-`).。oO(冷夏とCCDで養蜂家は踏んだり蹴ったりですね・・・)
ラベル:養蜂
posted by まろんど at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。