2009年09月08日

ホタル91匹捕獲で書類送検=「鑑賞会したかった」−長野県警

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200909/2009090300414

写真素材 PIXTA
(c) tsuch写真素材 PIXTA


 ゲンジボタルの名所で長野県の天然記念物に指定されている辰野町の「ほたる童謡公園」付近で、無許可でホタル91匹を捕獲したとして、県警岡谷署は3日、県文化財保護条例違反の疑いで、東京都練馬区の会社役員男性(66)を伊那区検に書類送検した。
 同署によると、男性は「近所の人を集めて鑑賞会をしたかった」と容疑を認めているという。



(´-`).。oO(蛍雪の功って今やろうとしたら犯罪になりますね・・・)
posted by まろんど at 05:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辰野のホタル盗難問題

天然記念物を指定した県文化財保護条例違反とのこと。
しかし,ここのゲンジは「天然」のものではなく,他県の業者などから購入や譲渡によって移入し養殖されているものです(詳細は、kumageraのブログ)。

「ここのホタル養殖は,文化財保護条例違反ではないか」と県に尋ねたとき,その答えは,「ここは生息地指定であり種指定ではないから違反ではない」でした。

移入養殖は「生息地指定だから,天然でなくても良い」とされ,そのホタルを取ると「天然記念物の保存に影響」とするのは,なんとも不合理です。

辰野町役場は、研究者から,大量の移入養殖ゲンジが在来ゲンジに悪影響を与えていると指摘されても,数さえ増えればいいと知らん顔です。

その一方で,10万匹以上の養殖ホタルから91匹を取った人を,「天然記念物保存に反する」と警察へ連れて行く。自分たちの自然破壊行為とこの男性の行為、あまりに不公平な気がします。

町役場のHPには、移入養殖の事実は載っていません。警察にも問い合わせたところ、やはり、移入養殖の件は知らされなかったとのことです。
Posted by kumagera at 2009年09月29日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

長野県辰野町の移入ホタル問題
Excerpt: 長野県辰野町松尾峡は、昔からゲンジボタル発生地として有名です。 しかし、松尾峡には1960年代に主として関西から大量のゲンジボタルが移入され、元々住んでいた地元ゲンジは増えるどころか、逆にほぼ絶..
Weblog: kumageraのブログ
Tracked: 2009-09-29 21:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。