2009年09月28日

奇形のカエル、寄生虫が原因か?

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009092304&expand

 カリフォルニア州北部で見つかったフットヒル・イエローレッグ・フロッグ(学名:Rana boylii)の幼体。目が失われており、脚の一部が損なわれているが、このような奇形の原因がアジアやヨーロッパからの寄生虫だとする新しい調査結果が発表された。この寄生虫は通常は養殖や水族館の取引で扱われる魚を宿主とするという。

奇形のカエル.jpg


 イカリムシというその寄生虫は、2006年と2008年にカリフォルニア州中央北部を流れるサウスフォーク・イール川(South Fork Eel River)で大量発生した。そのときには熱波が押し寄せ、週の平均水温が最高レベルの摂氏約24度にもなっていたことがわかっている。これはイカリムシの繁殖に適した温度である。

 その年は例年より乾燥もひどく、水量が激減してオタマジャクシの生育地が狭まり、寄生虫が宿主を見つけやすい環境になっていた。

 甲殻類の一種であるイカリムシは、獲物のオタマジャクシの“えら”に入り込み、交尾の時期まで宿主の体組織を食べ続ける。交尾後、イカリムシのオスはまもなく死ぬが、受精したメスは宿主の体に穴をあける。その穴は外部へ通じていることもある。

 メスのイカリムシの体の一部と頭部はやがていかりのような形に成長し、オタマジャクシの尾や足の付け根に付着する。卵嚢は宿主の外部に出て成長したこのいかり部分に付いているが、頭部はオタマジャクシの体内に残って内部組織に損傷を与える。

 研究の共著者でカリフォルニア大学バークレー校の博士課程終了の研究者アレッサンドロ・カテナッツィ氏は、「この寄生プロセスがイール川の若いカエルのひどい奇形の原因であるかどうかは不明だ」と言う。しかし、奇形のカエルの多くがイカリムシに寄生されていることがわかっている。

 研究チームは、奇形は後肢に最も多く生じ、足がそっくりなくなっている場合もあることに気がついた。目がなくなることは珍しく、これまで2つのケースしか記録されていないと、カテナッツィ氏は言う。

 研究を率いたカリフォルニア大学バークレー校のサラ・クッファーバーグ氏によると、寄生されたカエルは体も通常より小さい傾向があり、そのため体力が弱く、冬越しもできそうにないという。今回の研究成果は、「Copeia」誌のオンライン版で8月に発表されている。

 カテナッツィ氏によれば、カリフォルニア州のほぼ全域で、フットヒル・イエローレッグ・フロッグの生息地は、主に潅漑を目的としたダム建設と水流管理のために大きな制約を受け、元々の生息域の約54%にまで減少してしまったという。かつてこのカエルは、北はオレゴン州北部から南はロサンゼルスに近いサンガブリエル山脈まで、さらにシエラネバダ山脈の同高度の範囲でも生息が確認されていた。 

 今後、イカリムシは脆弱な両生類に対してさらなる損害を与える可能性があるという。加えて、カリフォルニアでは、気候変動が熱波に拍車をかけ、寄生虫に適した環境を作り出すことになるだろう。 (2009 9月23日 ナショナルジオグラフィック)




(´-`).。oO(寄生虫と宿主の関係は非常に興味深いものがありますよね・・・)
ラベル:新発見
posted by まろんど at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。