2009年09月30日

メスしかいない? トゲナナフシのオス野外で初確認

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200909280067.html

 野外ではメスしか見つかっていなかった草食性の昆虫、トゲナナフシのオスを、京都府京田辺市の介護施設職員西川政文さん(38)が同府南部の林道脇で見つけた。ナナフシの世界では非常に珍しい「草食系男」の発見に、専門家も驚いている。

トゲナナフシのオス.jpg

西川さんが採集したトゲナナフシのオス。
腹の先端に、交尾の際に使うトゲのような突起がある=京都府京田辺市


 小枝や枯れ草に姿を似せて身を隠すことで知られるナナフシは国内に約20種いる。トゲナナフシは体中にトゲがあるのが特徴で、西日本を中心に分布する。

 ナナフシの仲間にはメスだけで卵を産む種やオスがほとんど見つからない種が多い。その理由は分かっていない。トゲナナフシも飼育下では1977年にオスが確認され、専門誌に報告されたが、野外では見つかっていなかった。

 虫好きの西川さんは8月14日、勤務先からの帰りに林道脇で見つけたという。これまでに採集したトゲナナフシのメスは体長6〜7センチ。今回は4・5センチと小さく、「オスでは」と直感したという。

 「ナナフシのすべて」などの著作がある名古屋市の昆虫研究家岡田正哉さん(66)に鑑定してもらい、交尾の際にメスを固定する器官があることなどからオスと確認された。岡田さんは「やっぱりオスがいたか、とワクワクした。オスはどうやって増えるのか、このオスと交尾したメスの卵からまたオスが生まれるのか、とても興味深い」と話している。
(2009年9月28日 朝日新聞)





(´-`).。oO(オスがレアなんですね・・・)
ラベル:新発見 珍種
posted by まろんど at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。