2009年10月17日

警備職員がセアカゴケグモにかまれる 大阪・伊丹空港

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/091014/osk0910140228003-n1.htm

 大阪府は13日、伊丹空港北貨物地区で男性警備職員(42)が、有毒のセアカゴケグモにかまれたと発表した。男性職員は病院を受診し、症状はすでに治まっているという。

 府によると、職員は5日午後3時50分ごろ、標識の重しとしておいてあったプラスチックのタンクに、掛けていた雨がっぱを取ろうとした際、右の手首をかまれたという。府が6日に周辺を調べたところ、セアカゴケグモの成虫2匹や卵などが見つかり駆除した。(2009.10.14 産経新聞)



(´-`).。oO(毒蜘蛛怖いですね・・・)
ラベル:毒虫 外来種
posted by まろんど at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | クモ・ダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。