2009年10月23日

迷チョウ・マルバネルリマダラ5匹採集 獅子島小の小磯校長

http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19958

 鹿児島県のほぼ最北端、長島町獅子島の国出地区で10、11日、獅子島小学校の小磯俊彦校長(50)が、迷チョウ「マルバネルリマダラ」を立て続けに5匹捕まえた。東南アジアなどに生息し、県本土では採集例がほとんどない珍チョウ。小磯校長は「児童の学習に役立てたい」と張り切っている。

マルバネルリマダラ.jpg

黒地に青色の斑紋が鮮やかなマルバネルリマダラ


 チョウ収集歴約40年の小磯校長は10日、「ながしま造形美術展」に同校から出品する作品づくりの材料集めに同地区へ出掛けた。林道沿いでドングリなど探していると、20匹前後のアサギマダラの群れに遭遇。その中紫色の模様を持つ変わったチョウを見つけた。
 以前、奄美大島赴任中に採取した「リュウキュウムラサキか」と思い、車内に常備している虫捕り網で3匹捕獲。翌日は完全にチョウ収集に方針転換し、さらに2匹捕まえた。いずれも大きさは10センチ程度あった。
 早速、県立博物館に問い合わせ、台湾やフィリピン、マリアナ諸島などに生息する「マルバネ−」で、すべて雄と判明。しかも、県本土で一挙に5匹も採集するのは極めて珍しいことが分かった。 (2009 10/18 南日本新聞)




(´-`).。oO(こないだも似たようなニュースがありましたね・・・)



台風の影響? チョウ珍客、鹿児島市で相次ぎ確認
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19779



(´-`).。oO(やっぱり台風の影響でしょうか・・・?)
ラベル:珍種
posted by まろんど at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。