2009年11月03日

「単眼付きの角」を持つハエ、1億年前の琥珀から発見

http://wiredvision.jp/news/200910/2009102820.html

ハエ入りコハク.jpg


鉤爪や角を持って白亜紀の地球を歩き回っていた生物は恐竜だけではない。約1億年前の琥珀の塊の中に、3方に分かれた角と飛び出した眼を持つ小さなハエが保存されているのが見つかったのだ。

オレゴン州立大学のGeorge Poinar, Jr.氏[映画『ジュラシックパーク』のアイディアの元になった、琥珀内のDNAを取り出す研究で有名な研究者。UCLAの名誉教授で、現在はオレゴン州立大学の research fellow]によると、このハエはCascoplecia insolitisと名付けられ(Cascoは「古い」、insolitisは「奇妙な、普通ではない」を意味する)、その特異性が高いことから、昆虫の新しい科に分類されたという。

ハエをはじめとする昆虫の多くでは、[多数の個眼からなる]複眼が2つあるほかに、頭部頂上にさらに3つの単眼がある。これらの単眼は、飛行中の方位を維持するのに役立つと考えられている。新たに発見されたハエでは、この単眼が、先が3方に分かれた角の先に1つずつ付いていた。

これらの単眼は、この「一角獣型」のハエが花粉を求めて花の上を這い回る際に、近づいてくる敵を検知する働きがあったと思われる、とPoinar氏は推測している。

はえ.jpg


単眼よりも大きい2つの複眼に関しては、このハエの場合、それぞれの複眼が平らに並んでおらず、それぞれが外側に飛び出している。これはおそらく、表面が飛び出していることによって花粉が複眼に付くのを防いでいたのだろう、とPoinar氏は説明する。

標本には、2種類の異なる植物の花粉も一緒に保存されていた。この標本は、ミャンマーの琥珀鉱床で見つかったものだ。

このハエには、花粉を噛むことぐらいしかできなかったと思われる小さなあごと、異常に長い脚、らせん状の触角がある。写真と解説は、今後発行される『Cretaceous Research』誌で紹介される予定だ。(WIRED NEWS 2009年10月28日)




(´-`).。oO(ハエの進化の過程がうかがえる興味深い発見ですね・・・)
ラベル:新発見 古代
posted by まろんど at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハエ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。