2009年11月12日

ホタル:「きれいな光を」 新堅町小児童、辰巳用水に幼虫250匹放流 /石川

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20091027ddlk17040730000c.html

 金沢市立新竪町小学校4年の児童14人が26日、市内を流れる辰巳用水にホタルの幼虫250匹を放流した。幼虫は市民でつくる「金沢ホタルの会」の会員が飼育。来年6月ごろから成虫となって舞う姿が見られるという。

 金沢ロータリークラブと金沢ローターアクトクラブが主催。市内でホタルが舞う光景を復活させようと07年から辰巳用水の環境整備と幼虫の放流を行っている。昨年10月には幼虫300匹を放流し、今年6〜7月に約20匹の成虫を確認した。

 長靴姿の児童たちは流れのゆるやかな場所でコップを傾け、ゲンジボタルとヘイケボタル、餌となるカワニナの幼虫を放流した。永田絢子さん(9)は「早く大きくなってきれいな光を見せてほしい」と話していた。(毎日新聞 2009年10月27日)





(´-`).。oO(別ソース・・・)


「広坂ホタル」定着に期待 辰巳用水に幼虫放流
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20091027101.htm




(´-`).。oO(ホタル、増えるといいですね・・・)
ラベル:放虫 虫と子供
posted by まろんど at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。