2009年11月26日

「青カタツムリ」イスノキに宿る アオミオカタニシ/「珍種」今帰仁で確認

http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-11-16-M_1-018-1_001.html?PSID=4518223a156209d90670aa19d433c5df

 【今帰仁】沖縄ではカタツムリのことを「チンナン」と呼ぶ。右は「オキナワウスカワマイマイ」で一般的によく見かけるカタツムリ。左は「アオミオカタニシ」で、方言ではオールー(青い)チンナンと呼ばれる。ヤマタニシ科で陸生貝類に分類。鹿児島から南西諸島、台湾、パプアニューギニアに分布し、石灰岩地域の森林や農地周辺の樹木に生息している。

アオミオカタニシ.jpg

右はよく見られるカタツムリ。左がオールーチンナン=今帰仁村湧川


 鹿児島県版レッドデータブックによると、同県や奄美諸島では絶滅したと考えられている。大きさは約1センチ。殻は白色の半透明で、薄く丸みを帯びた円すい形をしている。緑は体の色。触角が一対で一般的なカタツムリの二対と区別がつく。

 村湧川の植木店の庭先でイスノキの葉に付着していたのを発見。葉には食害があった。植木店を営む平安山英幸さん(51)は「昔は畑を囲むユシギにたくさんいたが、最近は見かけたことがなかった。小学生のころは貝の巻き方が左巻きか右巻きかで楽しんでいました」と話してくれた。(2009年11月16日 沖縄タイムス)




(´-`).。oO(沖縄には左巻きのカタツムリが多そうですね・・・)
ラベル:珍種
posted by まろんど at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | かたつむり・ナメクジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。