2009年11月28日

カブトムシの幼虫買って! あきんどまつりで販売 大阪・堺の美原北小児童ら

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/091118/osk0911180310002-n1.htm

 堺市立美原北小学校の4〜6年生約20人が、堺市美原区で開かれた「あきんどまつり」(美原区商工会主催)で、1年間かけて育てたカブトムシの幼虫を販売した。

 同小では、一昨年に「学習用に使ってほしい」と元PTA会長から数十匹の成虫の寄贈を受けて以来、児童らがカブトムシの飼育や繁殖に取り組んできた。今年も約20人が孵化(ふか)した幼虫を成虫に育て、卵を産ませ、約450匹の幼虫を誕生させた。

 あきんどまつりでは、幼虫をケースに入れて店頭に並べ、来場者らに元気よくPRしながら1匹100円で販売。先月24日に同区内で開かれたイベントでも販売しており、2日間で合計161匹約1万6千円を売り上げた。

 児童らは「10匹も買ってもらってうれしかった」「販売の難しさがわかった」などと話していた。売上金は来年の餌代などに充てるという。(2009.11.18 産経新聞)




(´-`).。oO(カミキリムシの幼虫なら一部の人に大人気なのに・・・)
posted by まろんど at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。