2010年02月07日

珍虫シタベニハゴロモ 加賀南部で大量発生

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20100205/CK2010020502000183.html

昨夏、国内初

 県ふれあい昆虫館(白山市)は四日、後羽の美しさが特徴のカメムシの仲間の昆虫「シタベニハゴロモ」が昨夏に、加賀地方南部で大量に見つかったと発表した。国内では戦前に九州や沖縄、東京で散発的な発見記録があるが、国内で大量発生が確認されたのは初めて。

シタベニハゴロモ.jpg

加賀地方南部で確認されたシタベニハゴロモの雌=2009年8月(ふれあい昆虫館提供)


 昨年八月十四日、住民から「見たことがないチョウのような昆虫がいる」との連絡が同館に入り、同十七日、富沢章館長ら職員三人が現地を調査。捕獲して、カメムシ、セミなどカメムシ目の分類学研究が専門の林正美・埼玉大教授に同定を依頼し、シタベニハゴロモと確認された。

 生息地は公園や施設がある平野部五百メートル四方。植栽されているニワウルシ(別名シンジュ)に多くの成体が張り付き、樹液を吸っていた。その後の調査でニワウルシ約四十本とその周囲で成虫がみられた。総数は五千匹以上に達すると推測され、二〇〇五年には発生していたと考えられるという。富沢館長は「移入経路は不明だが外来種の可能性もある。周辺生態環境への影響や日本でのライフサイクルを調査し、他県で発生した場合に備え基礎データを作っておきたい」と話した。

 同館は五日から館内で標本や解説パネルのミニ展示をする。 (松本芳孝)

 ◇シタベニハゴロモ◇ カメムシ目ビワハゴロモ科の昆虫。インド、東南アジア、中国に分布。雌は羽を広げた長さが約5センチ、雄は一回り小さい約4センチ。名の通り後羽には鮮やかな赤い模様があり、前羽は灰色に黒点が散布している。飛ぶ力は弱く、数メートル程度を下降飛翔(しょう)する程度。ニワウルシ、センダンなどの樹液を吸うとされる。2006年に韓国での確認が報告された。

(2010年2月5日 中日新聞)




(´-`).。oO(確かに蝶みたいな羽ですね・・・)
ラベル:大量発生 珍種
posted by まろんど at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。