2010年03月06日

松くい虫防除の農薬空中散布 坂城町も10年度継続して中止へ

http://www.shinmai.co.jp/news/20100227/KT100226ATI090005000022.htm

 埴科郡坂城町は26日までに、2010年度も本年度に続き、松くい虫対策を目的とした農薬の空中散布を実施しない方針を固めた。一部住民から健康面への影響を懸念する声が出ていることに配慮した。4月に開く町松くい虫防除対策会議で正式決定する。

 町産業振興課によると、町内では毎年約1500〜2800本の松くい虫被害が出ており、町は08年度まで、人家から離れた急傾斜地を中心に計25ヘクタールで農薬の空中散布を行ってきた。

 しかし、隣接する上田市は、一部市民から空中散布と同時期にのどの痛みを訴える声があったことなどを踏まえ、09年度の空中散布を中止。町も歩調を合わせる形で中止に踏み切った。

 同市は既に10年度についても実施しない方針を固めている。町内には被害拡大を防ぐため空中散布の再開を求める意見もあるというが、同課は「町としても安全性を証明できていない段階では再開はできない」と判断した。

 10年度の町一般会計当初予算案には空中散布の費用は計上せず、松くい虫の被害木の駆除費用(2100万円)を盛る方針だ。(2月27日 信濃毎日新聞)



(´-`).。oO(害虫対策って大変ですよね・・・)
タグ:害虫
posted by まろんど at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142882809
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。