2010年03月10日

英、タデ食う虫を日本から輸入 天然除草剤に

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030901000230.html

 【ロンドン共同】19世紀に観賞用として日本から持ち込まれ、英全土に広がって在来植物を駆逐しているタデ科の植物イタドリの駆除のため、日本からこれを枯らす虫を輸入し放つことが9日決まった。英環境・食料・農村省が明らかにした。同省によると、外国の虫を天然の除草剤として使うのは欧州で初めて。

蓼食う虫.jpg

日本から輸入し、英国に放つことが決まったイタドリマダラキジラミの成虫
(英環境・食料・農村省提供・共同)


 イタドリは日本など東アジア原産の多年草で高さ約1メートルに成長する。アスファルトを突き破って成長するため、英国全体で駆除や道路補修などに年1億5千万ポンド(200億円)かかっている。

 輸入するのは、世界文化生物大図鑑(世界文化社)によるとカメムシ目キジラミ科のイタドリマダラキジラミで体長約2ミリ。専門家ディック・ショー氏らは、日本では、英国にいないこの虫などがイタドリの汁を吸って枯らすため被害が少ない点に着目。英国に入れた場合の生態系への影響を数年かけて調査、同省が問題ないと判断した。

 ショー氏が九州大の協力を得て行った調査によると、英国のイタドリは長崎県で繁茂しているものと同種。虫は熊本県で採取、輸入する。(2010/03/09 【共同通信】)






(´-`).。oO(蓼食う虫も好かれると・・・)
ラベル:生物農薬
posted by まろんど at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。