2010年03月16日

下条のホタル守ろう…住民動いた 有志が組織結成し保護活動

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/9750.html

 年々減るホタルを守ろうと十日町市下条地区の住民有志が下条ホタルの会」を結成し、このほど、設立総会を同市の下条公民館で開いた。繁殖に向けて用水路を設置するほか、えさの放流などに取り組む。

 会員は同地区住民を中心に約70人。同地区では約100カ所でホタルの生息が確認されているが、その数は年々減少。環境の変化に敏感なホタルは「環境のバロメーター」とも呼ばれることから、同会世話人の小海茂さん(65)らがホタルも住める自然環境を実現しようと設立を呼び掛けた。

 今後、ホタルの生態を調査する。生息や繁殖の条件が整った場所に4月から用水路を設置し、えさとなる巻き貝の「カワニナ」を放流する。夏にはホタルの鑑賞会を開く予定だ。

(新潟日報2010年3月15日)



(´-`).。oO(蛍を守るということは自然を守るということなのです・・・)
ラベル:放虫
posted by まろんど at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。