2010年03月19日

ミツバチ16万匹分盗まれる 城陽、巣箱8箱被害

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100317000198&genre=C1&area=K00

 京都府城陽市市辺の山すそで養蜂(ようほう)園を営む京都市伏見区の男性(59)がミツバチの巣箱8個(計約40万円相当)を盗まれたと、17日までに城陽署に届け出た。同署は窃盗事件として調べている。

 城陽署によると16日午前11時ごろ、男性が現地を訪れると92個あった巣箱のうち8個がなかった。前回様子を見た3日夕には異常はなかった、という。

 巣箱は木製(高さ40センチ、幅40センチ、奥行き60センチ)で重さ10キロ。1箱に約1万5千〜2万匹が生息する。みつの収穫期は4〜6月で1箱で約6〜7キロが採取できるという。

 城陽署は最近の受粉ミツバチの減少による農家への転売なども視野に入れ、捜査を進める。

 京都府養蜂組合によると、ミツバチ盗難事件は全国で多発しており、綾部市でも今年1、2月に計6箱の被害が確認されているという。

(Kyoto Shimbun 2010年03月17日)



(´-`).。oO(CCDの新しい形か・・・)
ラベル:養蜂 むし犯罪
posted by まろんど at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。