2010年03月28日

「成虫に育ってね」高瀬川にホタルを 中京 小学生らが幼虫放流会

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100321000034&genre=K1&area=K1C

 高瀬川にホタルが舞う風情を復活させようと、ゲンジボタルの幼虫放流会が20日、京都市中京区の押小路橋で行われ、地元の小学生が「成虫に育ってね」と200匹を放した。

 京都中ロータリークラブ(篠田宏一会長)が、100匹を放流した昨年に続いて企画した。「京都ほたるネットワーク」の村松光男代表幹事が、自ら育てた幼虫を提供した。

 放流会には、御所南小3年の38人や保護者たちが数匹ずつ丁寧に川の流れに放した。順調に育てば、5月下旬から6月に成虫のホタルが見られる。福野百伽さん(9)は「自分の街でホタルが見られたらうれしい」と羽化を楽しみにしていた。

(Kyoto Shimbun 2010年03月21日)



(´-`).。oO(虫を増やすには放虫よりも環境保護が大事・・・)
ラベル:放虫 虫と子供
posted by まろんど at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。