2010年04月05日

患部に「チクリ」で痛み緩和、中国でハチ療法が人気

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-14462020100323

 [北京 22日 ロイター] 中国の北京で、ハチに刺されることで体の痛みを緩和させる治療院の人気が高まっている。3000年の歴史がある治療法だが、2007年に合法とされた。

ハチ療法.jpg


 ツボに針を刺す点で通常のはり治療と似ているが、生きたハチを使うのが特徴。医師らによると、ハチの毒に含まれる「薬効成分」が血行を良くし、炎症を鎮め、痛みを緩和することで、関節炎やリウマチ性疾患などに効果があるという。

 北京北部の医療施設Kang Tai Bee Clinicでは、1日に30人程度を治療しているが、週末になると50人以上が順番待ちすることもあり、今後施設の拡大も検討している。



(´-`).。oO(毒を持って毒を制すって感じか・・・)
posted by まろんど at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。