2010年04月07日

アフリカの虫入り琥珀:アザミウマ

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040604&expand

アザミウマ.jpg


 琥珀に閉じ込められたアザミウマ目に属する昆虫。エチオピアで見つかった琥珀の化石の1つで、アザミウマ目の化石はごくわずかしか発見されていない。アフリカ大陸がまだ超大陸ゴンドワナの一部だった時代に森林に生息していたとみられる。

「今回の発見により、顕花植物の出現が引き金になった生物学的大変化の時代を垣間見ることができる」と、研究を率いたゲッティンゲン大学のアレキサンダー・シュミット氏はコメントした。

「琥珀の生成は、花を咲かせる樹木がエチオピアの森林に生態系の多様化や変化をもたらしていた時代に行われた。「新たに出現した樹木の繁栄が昆虫や両生類、初期の哺乳類などの動物進化に拍車をかけ、新たな棲み分けが急速に増加していった」。

Photograph courtesy PNAS and Matthias Svojtka


アフリカの虫入り琥珀:ゴンドワナ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040602&expand

アフリカの虫入り琥珀:アシブトコバチ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040601&expand

アフリカの虫入り琥珀:毛をもつシダ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040603&expand

アフリカの虫入り琥珀:未知の品種
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010040605&expand

(National Geographic News April 6, 2010)



(´-`).。oO(時が止まってますね・・・)
ラベル:古代 新発見
posted by まろんど at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。