2010年04月17日

日本のプチファーブル・熊田千佳慕さん作品展…兵庫・伊丹市立美術館

http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre3/20100409-OYO8T00565.htm

昆虫や花の細密画200点

 虫や動植物を緻密(ちみつ)に描き「日本のプチファーブル」と呼ばれた画家熊田千佳慕(ちかぼ)さん(1911〜2009)の作品展が10日から伊丹市立美術館(兵庫県伊丹市宮ノ前)で始まる。昆虫や花などの細密画約200点が展示される。5月23日まで。

熊田千佳慕さん作品展.jpg

「ファーブル昆虫記の虫たち」より「花まつりのお客さま」(伊丹市立美術館提供)


 熊田さんは横浜生まれ。戦前はデザイナーとして活動、戦後には「ふしぎの国のアリス」「みつばちマーヤの冒険」「オズの魔法つかい」などの絵本の挿絵を担当した。丁寧に細かな部分まで表現、鮮やかな色彩も魅力で、後に「ファーブル昆虫記」も描いた。

 会場では「ファーブル昆虫記の虫たち」や絵本の原画をはじめ、初公開となる図鑑シリーズの原画も展示される。作品に登場する虫たちの秘密を市昆虫館の学芸員が解説するギャラリートークが17、25、5月9、15日の各午前11時から行われる。

 月曜休館(5月3日は開館、6日は休館)。入館料は一般700円、大高生350円、小中生100円。問い合わせは市立美術館(072・772・7447)。
(2010年4月9日 読売新聞)



(´-`).。oO(綺麗ですね・・・)
posted by まろんど at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。