2010年04月18日

【育てる】食用コオロギ 飼育簡単、稼ぎは魚の3倍 コンケン(タイ)

http://www.asahi.com/international/weekly-asia/TKY201004020496.html

 「カボチャを与え続けると脂が乗り、味がよくなる。イサーンでは色々な昆虫を食べるけど、コオロギが一番おいしいわ」

 イサーン地方と呼ばれるタイ東北部のコンケン市で、食用コオロギの飼育場を経営するソムクワンさん(57)。卵から成虫まで、あらゆる成長段階にあるコオロギ数十万匹を育てている。

 同市で食用コオロギの飼育生産が始まったのは2004年ごろ。新たな地場産業として市が促進したのがきっかけだ。エサの米ぬかをまき、オスとメスを一緒にしておくだけで大量の卵を産む。45日もすれば出荷が可能になるため、回転が速い。

 「1キロ約2千匹で価格は200バーツ(約550円)。漁を伴う川魚が1キロ65バーツにしかならないのを考えると生産性は極めて高い」とソムクワンさん。これだけ簡単に飼育生産ができるのはコオロギだけで、ケラ、タガメ、シロアリなどの他の食用昆虫は、今も自然の中で捕まえるしかないという。

 最近はタイ南部など遠方から卵を買いに来る人が増えた。収入も伸び、月平均4万バーツを稼ぐ。商店経営の夫の月収の2倍だ。気がかりなのはトカゲなどの天敵が多いことに加え、寒さに弱いこと。急激な気温の低下で全滅したこともある。「今年は乾期でも肌寒い日が多い。気候変動の悪影響が、もう来ているのだろうか。心配です」と話した。

(2010年4月10日 朝日新聞)



(´-`).。oO(先進国の人も、もっと虫を食べるようになれば・・・)
ラベル:虫ビジネス
posted by まろんど at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。