2010年04月25日

ボルネオ島の新種:世界最長の昆虫

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010042305&expand

巨大なナナフシ.jpg


 木の枝そっくりの巨大なナナフシが男性の肩に乗っている。全長56.7センチ、世界最長の昆虫だ。

 2008年に発見された新種で、ロンドン自然史博物館に標本を寄贈した発見者のチャン(Datuk Chan Chew Lun)氏にちなみ「チャンズ・メガスティック(チャンの巨大な枝)」(学名:Phobaeticus chain)と命名された。これまで見つかったのは3個体だけで、詳しい生態は依然わかっていない。

 ボルネオ島では2007年以降、29種類の新種の無脊椎動物が発見されているが、このナナフシもその1つである。世界自然保護基金(WWF)公表の最新報告書によると、ボルネオ島ではこのほかにも67種の植物、17種の魚、5種のカエル、3種のヘビ、2種のトカゲ、1種の鳥が新たに発見されているという。

Photograph courtesy Orang Asli

(National Geographic News April 23, 2010)




ボルネオの新種:“忍者”ナメクジ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010042303&expand

忍者ナメクジ.jpg


 ボルネオ島マレーシア領で発見された新種のナメクジ(学名:Ibycus rachelae)。尾の長さが頭部の3倍もある珍種で、同地の高山地帯で確認されたのが初めて。

 生殖器に付いた恋矢(れんし)という炭酸カルシウムの器官を交尾相手に突き刺し、ホルモンを注入するという。このキューピッドのような習性は繁殖の成功率を上げるためとみられており、「忍者ナメクジ」という異名が付いたという。

Photograph courtesy Peter Koomen

(National Geographic News April 23, 2010)



(´-`).。oO(ボルネオの森すごいですね・・・)
ラベル:新種
posted by まろんど at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。