2010年04月26日

春、虫もおしゃれに

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20100424-OYT8T00027.htm

豊橋にピンクのクビキリギス

 豊橋市内でピンク色のクビキリギスが見つかり、同市自然史博物館(大岩町)のホールで23日から飼育展示している。

 クビキリギスはキリギリスの仲間で、長谷川道明主任学芸員によると、通常、体は緑色か褐色だが、まれに色素が欠乏してピンク色をした個体が見つかることがあるという。

ピンクのクビキリギス.jpg

見つかったピンクのクビキリギス=豊橋市提供


 見つかったのは体長約6センチのオス。同市内の主婦が21日夜、自宅の庭先で見つけ、同館に持ち込んだ。クビキリギスはあごの力が強く、何かにかみついたまま体を引っ張ると頭が抜けてしまうこともあり、この名がついたという。

 同館ではクビキリギスを2週間ほど展示する予定。この日は地元の中学生らが見学に訪れ、「本当にピンク色だ」と驚いていた。
(2010年4月24日 読売新聞)

クビキリギス:ピンクのバッタは春色の使者 愛知・豊橋
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100430k0000e040052000c.html



(´-`).。oO(物騒な名前の虫ですね・・・)
ラベル:突然変異 珍種
posted by まろんど at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。