2010年04月29日

ベッコウトンボ まだ姿見せず 国内最大の生息地 鹿児島・藺牟田池

http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_703.shtml

 環境省のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)1類に指定されているベッコウトンボが、国内最大の生息地・鹿児島県薩摩川内市の藺牟田(いむた)池で今年はまだ姿を見せていない。例年4月中旬までには羽化しており、昨年夏の渇水と今月の寒さが羽化の遅れに影響しているとみられる。関係者は「早く元気な姿を見せて」とやきもきしている。

ベッコウトンボ まだ姿見せず.jpg


 池は昨夏の少雨で湖底がむき出しになり、水量は現在も満水時の7割程度。気温も今月14―17日は1日の平均気温が平年を7―5度下回るなど寒い日が続いた。
 
 ベッコウトンボの初観察が最も遅かったのは、調査を開始した1996年4月28日。逆に最も早かったのは2007年3月25日で、昨年は4月6日、一昨年も4月12日と、ほぼ4月20日までに初観察されていた。
 
 毎日調査している「ベッコウトンボを保護する会」の永野萌子代表世話人(86)によると、今年は別の種類のトンボも少ないという。永野さんは「初めは大丈夫と高をくくっていたけど本当に心配。もっと暖かくなってほしい」と気をもむ。
 
 昨夏の渇水後、市はベッコウトンボの人工飼育を計画。4月下旬に捕獲して卵を産ませ、水槽で幼虫を育てる予定だった。人工飼育を依頼されている鹿児島国際大非常勤講師の成見和総(かずふさ)さん(68)は「まさか絶滅ではないと思うが、個体数が減少するのは間違いないだろう」と話している。
 
=2010/04/26付 西日本新聞夕刊=



早くもベッコウトンボ 中津の野依新池 2年連続、3月に成虫
http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_692.shtml

 中津市の野依新池で、環境省レッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)1類に指定されているベッコウトンボが早くも飛び始めている。大分トンボの会(佐藤京子理事長、38人)が3月28日に成虫3匹を初確認。3月中の成虫確認が初めてだった昨年より1日早い。4月6日には約30匹が見られたという。5月5日午前10時から、現地で観察会を開く。

 
0409ike.jpg 羽化が早まった理由を、同会の佐藤理事長は「暖冬で池の水温が高く推移した影響が考えられる」と指摘。「この分では6月までのシーズンを通して例年通り千匹程度は発生するだろう」と予想している。
 
 野依新池(約1万1000平方メートル)は、水田約30ヘクタールを潤す農業用ため池だが、ベッコウトンボの数少ない繁殖地で、約50種のトンボが生息。生物多様性に秀でているとして3月、農林水産省の「ため池百選」に県内から唯一選ばれた。
 
=2010/04/09付 西日本新聞朝刊=



(´-`).。oO(幸せの〜トンボよ〜どこへ・・・♪)
ラベル:環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。