2010年05月06日

ベッコウトンボ 今年初確認

http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_707.shtml

 鹿児島県薩摩川内市の藺牟田(いむた)池で27日、国内希少野生動植物種のベッコウトンボが今年初めて羽化しているのが確認された。昨夏の渇水や今春の低水温の影響が懸念され、なかなか姿を現さないため関係者は気をもんでいた。

ベッコウトンボ.jpg


 1996年から観察する地元保護団体「ベッコウトンボを保護する会」のメンバーが見つけた。昨年に比べて約3週間遅く、同会の観察記録でも同年の4月28日に次いで2番目に遅かった。ただし、見つかったのは1匹だけ。28日に新たな個体は見つからなかった。
 
=2010/04/29付 西日本新聞朝刊=

お待たせ、ベッコウトンボ初確認 薩摩川内・藺牟田池
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=23626



(´-`).。oO(幸せのトンボよ、どこへ〜って、見つかったみたいですね・・・)
ラベル:絶滅危惧種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。