2010年05月14日

みなべでカメムシ大量発生

http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2010/05/post-2200.php

 JAみなべいなみ管内では17日から小梅の出荷が始まるが、 梅の果実を害するカメムシの発生が多くみられている。 いまのところ目立った被害はないが、 口針で果汁を吸われると果実の品質低下につながるシコリが発生する。 カイヨウ病の発生も見られ、 関係機関らは病害虫対策で注意を呼びかけている。

 カメムシの種類は主にチャバネカメムシとツヤアオカメムシで、体長は1〜2a程度。果実にストローのような口針を差し込み、果汁を吸う。被害果実はヤニが吹き出たり、硬いシコリが発生したりする。
 
 みなべ町東本庄地内の県立うめ研究所では夜間に青い光を放つ予察灯に集まってくるカメムシの数を調べたところ、 例年の調査では一日に1けたの採取数だが、 今月の4日に63匹、 5日に138匹、 6日に335匹、 7日に72匹と多くの数を記録した。 同研究所では 「昨年秋にはエサとなるスギの実が多く、 また暖冬だったため越冬した個体数が増えたのではないか」 と大量発生の要因を分析している。
 
 そのほか病気関係ではカイヨウ病の発生も例年より多く、場所によっては被害が目立っている状況。果実に茶色の斑点ができる病気で、品質の低下につながる。降雨や強風が感染要因とされ、4月の天候が影響したという。みなべ町では近く梅の収穫が始まるが、不作傾向のうえに秀品率の低下も心配されている。

(2010年5月14日 日高新報)



(´-`).。oO(くさいよね・・・)
ラベル:害虫 大量発生
posted by まろんど at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。