2010年05月16日

ユスリカ:今年も大量発生−−諫干堤防道路 /長崎

http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20100513ddlk42040544000c.html

 国営諫早湾干拓事業(諫干)で造成された堤防道路で、今年もハエの仲間である「ユスリカ」の大量発生が始まった。県によると、4月下旬から晴天の日に発生しているという。

 県によると、複数の蚊柱状になって確認されており、発生原因については「不明」としている。市民団体が発生を確認した年を含めると、これで3年連続の発生となる。

 しかし、排水門の開門を訴える「よみがえれ!有明訴訟」の弁護団は「水質が悪い調整池が発生原因」と指摘。12日に堤防道路などを視察した田添政継・諫早市議(社民)は「虫が体にまとわりつき、観光客が訪れるのは無理じゃないのか」と話していた。

(毎日新聞 2010年5月13日)



(´-`).。oO(毎年のことなのか・・・)
ラベル:大量発生
posted by まろんど at 17:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ハエ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2011年も大発生しています。

良かったらご覧下さい。
Posted by yamamokawamoumimo at 2011年11月14日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。