2010年05月27日

「県庁でみつばちプロジェクト」終了 30キロのはちみつ採取

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100525/327079

 宇都宮市本町の本町合同ビル屋上でミツバチを飼いはちみつを集める「県庁で“みつばち”を飼おう!プロジェクト」(県養蜂組合主催)が25日終了し、「はちみつ分離式」が行われた。

 3年目となる今回は4月23日に二つの巣箱を設置。ミツバチは県庁周辺のトチノキからみつを集めた。県畜産振興課によると、昨年を6キロ上回る30キロのはちみつが採れた。トチノキの花の独特な香りと甘さが特徴だという。

 亀山和男組合長は「5月に入り天候が回復し、最高のはちみつが採れた。来年も皆さんと出会えるよう頑張りたい」と話した。

 はちみつは6月15日に県庁で行う「けんちょうde愛ふれあい直売所」で50グラム入りで販売するほか、同21〜25日は県庁昭和館内のふくしレストラン「CIAO」の料理に使われる。(5月25日 下野新聞)



(´-`).。oO(はちみつ、食べたい・・・)
posted by まろんど at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。