2010年05月31日

隠れた名所、寄生虫館 「意外にきれい」な標本

http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052801000549.html

 寄生虫の生態や予防法を専門に扱う「目黒寄生虫館」(東京都目黒区)が広く公開され、隠れた名所として人気を呼んでいる。

 1953年に寄生虫学の権威、亀谷了博士が創設。ぎょう虫、回虫、エキノコックスなどの標本約300点を展示する。目玉は、長さ約8・8メートルのサナダムシだ。マスを食べた人の腸内で成長したという。

 93年のリニューアル後は、標本瓶にLEDライトを当て、神秘的に見せる工夫も。群馬県から来た20代女性は「気持ち悪いと思っていたけど、意外にきれいで驚いた」と話す。

 来館者は年間5万人以上。ここ数年は外国人観光客が約5%を占めるという。「これだけの規模は世界的にも珍しい。正しい知識を身に付けてもらえたら」と担当者。寄生虫をデザインしたTシャツなども販売する。入館無料。月曜休館。

(2010/05/28 共同通信)


(´-`).。oO(行ってみたいなあ・・・)
posted by まろんど at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151707701
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。