2010年06月10日

「陸のホタル」乱舞

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20100607-OYT8T00785.htm

山陽小野田の竜王山見頃

ヒメボタル.jpg

木々の間をイルミネーションのように彩るヒメボタル(180秒間露光)
(5日、山陽小野田市で)


 「陸のホタル」として知られるヒメボタルが、山陽小野田市の竜王山(136メートル)で見頃を迎え、夜の山林を彩る黄金色が見物客を魅了している。

 ヒメボタルは体長0.5〜1センチで、ゲンジボタルより一回り小さい。山中のこけなどに産卵し、一生を陸上で過ごす。成虫の活動は午後8〜10時頃が最も盛んで、約1秒間隔でフラッシュのように光を発している。

 地元の住民でつくる「竜王山ホタルの会」によると、今年は5月下旬に夜間の気温が低かったため、見頃は例年より1週間ほど遅く、今月10日頃まで楽しめそうという。

 家族4人と訪れた同市の建築業、新名堅一さん(32)は「点滅する光がクリスマスのイルミネーションみたいでロマンチック」と見入っていた。

(2010年6月8日 読売新聞)



(´-`).。oO(昼間の写真かよ・・・・)
posted by まろんど at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。