2010年06月16日

夏へ向けて!!!ゴキブリに遭遇した時の意外な武器

http://npn.co.jp/article/detail/13652995/

 夏が近くなると、冬の間は裏に隠れていたゴキブリが表へ顔を出し始めてくる。

 家の中に寄って来ないように気を付けても、何かの拍子で忍びこんできて、遭遇する機会があるだろう。その時にパニックにならないために、武器を準備して万が一の備えあるべし。ゴキブリ退治用のスプレーも1つの手段だが、今回は別の用途で使うアイテムが意外と使えるので紹介しよう。
 使える場所は非常に限定されるものの、絶対的な攻撃力を持つアイテムで、日本の一般的な家庭に一つは置いてある排水口の詰まり解消のアイテムであるラバーカップ、通称『すっぽん』。(※地域や家庭によって通称は異なる)ゴキブリを退治する時に一番気になることは、丸めた新聞紙で叩いた時に、ゴキブリが潰れた後に出る体液だ。そのことを気にしてしまい、ゴキブリを狙うのをためらってしまうと、まんまと逃げられてしまうので、一瞬のスキも許されない。逃げられてしまったら持久戦になってしまうからだ。
 この場所、この時間で決着をつけ、より良い睡眠を得るためには集中力を切らしてはいけない。出来るだけ汚すことを避けて退治したいと思う人にとってラバーカップはオススメ。(※最小限に抑えることは出来るが、100%ではない)

 ラバーカップの中にゴキブリを上手く捕える必要があるが、カップの中に入れてしまえば、ほぼ大丈夫。ゴキブリを背後から追うと察知されやすいので、必ず先回り、最悪、平行線になろう。ラバーカップは狭い場所へ逃げられてしまっては使い物にならないので、戦えるフィールドの確認はお忘れなく。
 何とか捕えた場合は、トイレ詰まりを解消する使い方と同じように、ゴキブリを潰さない程度に2、3回シュポシュポとやってみよう。

 詰まりを解消するあの空気のパワーをゴキブリにそのままブツけたらどうなるか?
 閉塞空間で急激にカップが収縮することにより、ゴキブリの周囲にある空気が一瞬のうちに凶器へと変わるのである。急激にパワーアップした変異型のゴキブリがいることを想定して、ラバーカップでシュポシュポする回数は5回あれば間違いないだろう。想定外の攻撃を受けてグロッキーになってるゴキブリをしっかり処理して、退治できる。
 エリア限定の退治法ではあるが、ゴキブリ退治専用の新品のラバーカップを加えてみてはいかがだろうか?
 トイレで使用済みのラバーカップを部屋では使わないように気をつけよう。

 個々人の能力に頼る部分もあるため上手くいくかどうかの保証ができないが、効果は実証済みだ。

(2010年06月10日 リアルライブ)



(´-`).。oO(猫とかアシダカグモとか飼えばおk・・・)
ラベル:害虫
posted by まろんど at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。