2010年06月12日

ムラサキの羽化始まる…宮崎市

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100610-OYT1T00412.htm

 絶滅の恐れがあるチョウの一種、オオムラサキの羽化が宮崎市の大淀川学習館で始まった。

 まだ数は少ないものの、青紫色の羽が特徴的なチョウの飛翔が今月下旬まで楽しめそうだ。

 館内の自然楽習園は吹き抜けのドーム型になっており、15種類前後のチョウ約120匹が飛び交う。オオムラサキは羽を広げると10センチ近くの大きさになり、北海道から南九州まで生息している。学習館が大淀川上流で採集した幼虫は5日現在、5匹羽化。今後も40匹近く羽化する見込み。

オオムラサキの羽化始まる.jpg


 幼虫はエノキを食べて、山間部で成長するが、森林開発などでエノキが減少したことに伴って、生息数も激減。環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている。

 宮崎へ帰省し、見学していた福岡市南区柳瀬の主婦、税所知子さん(30)は「アゲハやモンシロチョウはよく見るけど、オオムラサキは初めて。鮮やかで濃い紫色がとてもきれい」と見入っていた。入場無料。。

(2010年6月12日10時38分 読売新聞)


(´-`).。oO(綺麗ですね・・・)
ラベル:絶滅危惧種
posted by まろんど at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。