2010年06月22日

ミミズのエコ活動、JR山手線で紹介

http://www.wakayamashimpo.co.jp/news/10/06/100616_7403.html

県内の小学校で行われているミミズを使った生ごみのリサイクル活動が、東京JR山の手線の電車内の動画パネルで紹介されることが決まった。15日には、東京の映像制作会社のカメラマンが市立粉河小学校(本多立生校長、児童357人)を訪れ、4年生66人がミミズに触れる様子などを撮影した。完成した映像は7月中に1週間程度、10分に1度の間隔で紹介される。

活動に使われる「ミミズリサイクルボックス」は、1メートル四方の木枠に土と数千匹のミミズを入れたもの。給食で残った食材を入れるとミミズたちが食べ、堆肥へと分解させる。生ごみを焼却処分しないことで二酸化炭素の排出を抑制でき、それを子どもたちに教えることで「エコ意識」を高める。
活動は7年前、地球温暖化防止に向けて取り組む同市東国分の山田真器子さん(41)らが、市立安良川小学校を皮切りにスタートさせた。現在は和歌山市の全市立小学校を中心に県内約60校にボックスを設置、県外では東京都調布市の4校にも設置している。これらすべてのボックスを合わせると、年間18トンの生ごみから13トンの堆肥が生まれ、二酸化炭素14トンの削減につながるという。活動は平成20年に県から「わかやま環境大賞」を受賞した。
映像は東京のほか、京都、神戸方面の電車内でも流される予定。山田さんは活動をより広げるためNPO法人「ミミズリサイクル」を設立申請中で、「関西は関東に比べ、環境保全に対する意識が低いのが現状です。電車内PRを機に、活動の賛同者を増やしたいですね」と話している。

(2010年06月16日 わかやま新報)



(´-`).。oO(面白い試みですね・・・)
タグ:虫と子供
posted by まろんど at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒル・ミミズ・KGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153817819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。