2010年06月28日

井川町の山林でヤマビル捕獲調査 県と県立大研究チーム

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20100626e

 森林から住宅地に生息域を広げている吸血生物ヤマビルの実態を調べるため、県秋田地域振興局と県立大学などによるチームが25日、井川町の山林などで捕獲調査をした。ヤマビルから採った血液をDNA鑑定し、どんな動物の血を吸ったか解明することで有効な対策につなげたい考え。

ヤマビル捕獲調査.jpg

神社の参道でヤマビルの生息状況を調査するチーム=井川町大台


 ヤマビルは同町や五城目町などの森林に生息。カモシカなど野生動物のほか、家畜や人の血を栄養源としている。生息の範囲は年々広がり、民家の裏山などでも見つかっている。服のすき間に入り込んだヒルに血を吸われるなどの被害も増えている。

 調査には県職員のほか、DNA鑑定を担当する県立大の北川良親教授(分子生物学)、ヒルの生態を調べている金足農業高校の生徒ら11人が集まった。井川町内でヤマビルが発生した場所のうち、住宅地に近い神社の参道など4カ所で捕獲を試みた。

 ヤマビルは薄暗い湿地に生息し、呼気を関知して生物に近づく。参加者は雑草をかき分けて地面に息を吹きかけ、ヤマビルが現れるのを待った。同町葹田の農地近くの山林で1匹、町大台の大台神社参道で2匹を見つけた。体長1、2センチほどのヒルをピンセットでつまみ、容器に入れて持ち帰った。

ヤマビル.jpg

捕獲され容器に入ったヤマビル


 北川教授はこれらのヤマビルから採れた血液をDNA鑑定し、その結果を県に報告する。どの動物の血を吸ったか解明することで、ヤマビルが生息域を広げたルートの解明や家畜の吸血対策などにつなげる狙い。

(2010/06/26 さきがけ On The web)



(´-`).。oO(意外と侮れない生物、それがヒル・・・)
ラベル:生息分布 害虫
posted by まろんど at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒル・ミミズ・KGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。