2010年07月06日

シロアリ:女王、果物の香り 岡山大チームがフェロモン特定、産卵抑制や駆除応用も

http://mainichi.jp/select/science/news/20100706ddm012040013000c.html

 シロアリの女王が「繁殖者」の地位を示すために分泌するフェロモンの正体を、松浦健二・岡山大准教授(社会生物学)らが突き止めた。果物などに含まれる芳香成分で、他のアリが女王になるのをこの香りで制御しているらしい。同じ物質を人工的に合成することで、効果的なシロアリ駆除に応用できるという。6日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。【大場あい】

 シロアリ社会には王、女王、働きアリなどの階層がある。繁殖は女王だけが担い、死んだり産卵できなくなると、同じ巣の複数の雌アリが次の女王になって繁殖を続けるが、巣の規模に見合った産卵数が保たれている間は、他の雌アリは女王になれない。こうした現象にどんな物質が関与しているのかは50年以上、謎だった。

 松浦准教授らは、岡山県内の二つのヤマトシロアリの巣から女王アリを100匹ずつ集め、これらが放出する微量の物質を分析した。その結果、リンゴやバナナなどの香り成分「ブチルブチレート」と、ブドウやワインに含まれる「2−メチルブタノール」と分かった。雌の働きアリからは検出されなかった。

 二つの成分を別々に働きアリの集団に近づけると、女王アリがいない時と同様、女王になるアリが増えたが、混合物を近づけると女王の数は限定された。このことから、2成分の混合物質が「女王フェロモン」であると結論づけた。

 松浦准教授によると、女王アリの数は巣の規模によって変わるが、働きアリが育てきれないほど卵が増えないよう、巣の繁栄に最適な女王の数を女王フェロモンが調整しているらしい。

 女王フェロモンを人工的に合成し、シロアリ駆除の際に使うことで、生き残った雌の働きアリが女王になって集団を再建するのを防げるという。

(毎日新聞 2010年7月6日)



(´-`).。oO(女王フェロモン・・・なんという響き・・・)
タグ:新発見
posted by まろんど at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155630735
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。