2010年07月07日

イナゴ甘露煮トッピング「バッタソフト」はいかが?

http://www.shinmai.co.jp/news/20100626/KT100625GJI090002000022.htm

 諏訪市湖岸通りの諏訪湖畔にある遊覧船乗り場の売店が「信州ゲテモノシリーズ第1弾」と銘打ち、イナゴの甘露煮をトッピングしたソフトクリーム「バッタソフト」を販売し、話題になっている。

バッタソフト.jpg

ナゴの甘露煮をトッピングしたソフトクリーム「バッタソフト」


 乗り場を運営する近くの旅館が、湖畔への誘客を目的に「受け狙い」で始めた。売店にはポスターを用意したが、商品の実物写真は「衝撃的すぎてお見せできない」としてイメージ図だけ載せた。名称は「イナゴよりバッタの方がイメージが伝わりやすい」と付けた。価格は350円。

 甘露煮の濃い味と歯応えに、クリームの冷たさと甘さが重なる独特の食感。修学旅行で訪れた県外の中学生に「物珍しい」と好評だといい、遊覧船乗り場の従業員黒沢幹雄さん(46)は「特に女の子がキャーキャー言いながら買ってくれます」。

 ざざ虫、ハチの子といった県内の珍味を使う「シリーズ第2弾」も計画中という。

(6月26日 信濃毎日新聞)



(´-`).。oO(さすが長野、キチガイじみてる・・・)
ラベル:虫ビジネス
posted by まろんど at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目・ナナフシ目・蟷螂目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。