2010年04月08日

冬もゲンジボタル、1年を通じ羽化に成功

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20100405-OYT1T00728.htm

 夏の川辺を彩るホタル。そのうちゲンジボタルを1年を通じて羽化させることに、北九州市ほたる館(小倉北区)が成功した。

 国内で初めての取り組みとみられ、幻想的な光を季節を問わず観察できるようになる。専門家は「ホタルの生態を解明するうえで興味深い」と評価している。(堀家路代)

永尾館長.jpg

ずらりと並ぶ飼育箱をチェックする永尾館長=堀家路代撮影


 同館はゲンジボタルとヘイケボタルを中心に飼育・研究。卵から成虫までを常に観察できるよう、2002年の開館時から取り組みを進めてきた。

 ヘイケボタルについては03年、「周年羽化」に成功。温度管理できる暗室で、成虫の光を見ることができるようになった。しかし、04年頃から挑戦したゲンジボタルは、温度変化に敏感なことから難航した。

 ホタルは、水中で育った幼虫は陸に上がって土にもぐり、さなぎから羽化して成虫になる。羽化がうまくいかなかったのは、寒い時期にさなぎになった幼虫。永尾忠生館長(69)らは、幼虫を飼育箱の土の中に移すタイミングを変えたり、飼育箱を冷蔵庫に入れて温度調節をしたり、試行錯誤を繰り返した。

 今回、「冬を越して羽化する自然の環境に近づけよう」と、幼虫が十分に育った段階で10度以上飼育箱の温度を下げて“冬”を体験させた。すると2月に8匹、3月に4匹が成虫になり、1〜12月のすべてで羽化させることができた。

 今後、1年を通して常に成虫を観察できるよう、飼育プログラムを検討していくという。

2月に羽化したゲンジボタル.jpg

2月に羽化したゲンジボタル(北九州市ほたる館提供)


 ホタル研究の第一人者である大場信義さん(64)(神奈川県横須賀市)は「冬場でも成虫を多数観察できるようになる可能性があり、研究上の意義も大きい」と評価している。

 ただ、ホタルは夏の風物詩でもあり、むやみに羽化させると季節感を損なう恐れもある。永尾館長は「周年羽化に関するデータや情報の管理に気をつけながら、研究や来場者の学習に役立てていきたい」と話している。

 ◆ホタル=日本には約50種類が生息し、ゲンジボタルとヘイケボタルが代表的。ゲンジボタルは本州と四国、九州で見られる日本の固有種で、体長は10〜20ミリと大型で放つ光も強い。ヘイケボタルは朝鮮半島や中国東北部などにも分布し、体長は7〜10ミリ。
(2010年4月6日16時56分 読売新聞)



(´-`).。oO(蛍の光を雪の中で見られるのか・・・)
ラベル:天然記念物
posted by まろんど at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

【図解】世界一「強い」昆虫、フンコロガシ



Beetle named world's strongest insect can pull equivalent of six full double decker buses
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1260192/Dung-beetle-named-worlds-strongest-insect.html

ふんころがしさん.jpg






(´-`).。oO(人間に例えると、すっげえ力持ちってことですね・・・)
posted by まろんど at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

「成虫に育ってね」高瀬川にホタルを 中京 小学生らが幼虫放流会

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100321000034&genre=K1&area=K1C

 高瀬川にホタルが舞う風情を復活させようと、ゲンジボタルの幼虫放流会が20日、京都市中京区の押小路橋で行われ、地元の小学生が「成虫に育ってね」と200匹を放した。

 京都中ロータリークラブ(篠田宏一会長)が、100匹を放流した昨年に続いて企画した。「京都ほたるネットワーク」の村松光男代表幹事が、自ら育てた幼虫を提供した。

 放流会には、御所南小3年の38人や保護者たちが数匹ずつ丁寧に川の流れに放した。順調に育てば、5月下旬から6月に成虫のホタルが見られる。福野百伽さん(9)は「自分の街でホタルが見られたらうれしい」と羽化を楽しみにしていた。

(Kyoto Shimbun 2010年03月21日)



(´-`).。oO(虫を増やすには放虫よりも環境保護が大事・・・)
ラベル:放虫 虫と子供
posted by まろんど at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

窃盗:昆虫店から108匹盗む 容疑の会社員逮捕−−越谷署 /埼玉

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20100320ddlk11040302000c.html

 越谷署は19日、カブトムシを昆虫専門店から盗んだとして、八潮市中央4の会社員、一ノ木浩幸容疑者(42)を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 19日午前0時25分ごろ、越谷市花田5の昆虫専門店「ポットベリー」の警報装置が作動したため、署員が駆け付けた。店の前から車が走り去ったため、追いかけて職務質問したところ、車内から昆虫が見つかった。

 容疑は、店の出入り口のドアをこじ開け、カブトムシやクワガタの幼虫73匹と成虫35匹(計46万6600円相当)を盗んだとしている。同署によると、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブトムシ」のメス(3万5000円相当)も含まれていた。

(毎日新聞 2010年3月20日)



(´-`).。oO(ヘラクレスたかっ・・・!)
posted by まろんど at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。