2010年04月10日

ミツバチ盗相次ぐ、今年6件…巣箱ごと持ち去り

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100409-OYT1T00353.htm

 栃木県那須烏山市藤田のイチゴ園でミツバチが巣箱ごと盗まれたと、所有者が8日、那須烏山署に届け出た。

 約3キロ離れた同市中山の畑でも、3月末から今月初めにかけてミツバチの巣箱が盗まれたことがわかったばかりで、同署が関連を調べている。

 栃木県警によると、ミツバチの盗難被害は今年に入ってすでに6件に上っており、養蜂業者や農家に警戒を呼びかけている。

 発表によると、同市藤田のイチゴ園のビニールハウスで、6日から7日にかけて、授粉用に置いていたミツバチの巣箱1箱(2万5000円相当)が盗まれた。巣箱には1万匹のミツバチが入っていたとみられる。所有者の大里イチゴ生産組合の小浜克巳組合長(67)が同署に被害届けを出した。

 同イチゴ園では今年1月にも巣箱1箱が盗まれたという。

 県警捜査3課の調べでは、このほかにも、栃木市内のイチゴ園で2月と3月に巣箱1箱がそれぞれ盗まれ、今月上旬には日光市内の養蜂場で巣箱1箱が盗まれていた。
(2010年4月9日18時47分 読売新聞)

ミツバチ1万匹盗難…那須烏山
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20100407-OYT8T01449.htm

ミツバチ盗難:伊豆市でも巣箱1箱 見回り強化やチェーン固定を /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20100406ddlk22040166000c.html

ミツバチの盗難が多発 背景に輸入減と価格高
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040801000784.html

茂木署が、ミツバチ盗難警戒チラシ配布
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20100409/307186

静岡 ミツバチ盗難で防犯指導
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100406/k10013654131000.html



(´-`).。oO(盗まれまくりですね・・・)
ラベル:養蜂 むし犯罪
posted by まろんど at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

患部に「チクリ」で痛み緩和、中国でハチ療法が人気

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-14462020100323

 [北京 22日 ロイター] 中国の北京で、ハチに刺されることで体の痛みを緩和させる治療院の人気が高まっている。3000年の歴史がある治療法だが、2007年に合法とされた。

ハチ療法.jpg


 ツボに針を刺す点で通常のはり治療と似ているが、生きたハチを使うのが特徴。医師らによると、ハチの毒に含まれる「薬効成分」が血行を良くし、炎症を鎮め、痛みを緩和することで、関節炎やリウマチ性疾患などに効果があるという。

 北京北部の医療施設Kang Tai Bee Clinicでは、1日に30人程度を治療しているが、週末になると50人以上が順番待ちすることもあり、今後施設の拡大も検討している。



(´-`).。oO(毒を持って毒を制すって感じか・・・)
posted by まろんど at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

地蜂談義に熱中 女王バチ配布も 伊那で愛好会の総会

http://www.shinmai.co.jp/news/20100329/KT100328GVI090004000022.htm

 伊那市地蜂(じばち)愛好会の総会が28日、同市西箕輪の保養施設「羽広荘」で開かれた。約50人が参加し、地バチ(クロスズメバチ)の巣を見つけたり大きくしたりする情報を交換。会員らが捕まえて越冬させた女王バチの配布もあった。

地蜂談義.jpg

越冬させた女王蜂を入れてある小箱を受け取る会員たち


 総会では、9月に大町市内で開く「全国地蜂サミット」への参加など2010年度の事業計画を決定。講演会で小木曽大吉会長(67)は、大きな巣を作るハチを見分けるこつを「高い所を飛ぶのは間違いない」などと説明。参加者たちは「顔に稲妻形のまゆ毛のような模様があると巣が大きい」「ひげが多い方がいい」といった経験則を披露し合った。

 小木曽会長によると、地バチはアブラムシの分泌液を好むが、昨年はアブラムシの発生が少なく、ハチの巣も少なかったという。この日配った女王バチはそれぞれ野外に放し、巣を作らせてから掘り出す。「今年は多くの巣を作ってほしい」と期待していた。

(3月29日 信濃毎日新聞)



(´-`).。oO(マニアのイベントですね・・・)
posted by まろんど at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

減り続ける米国のミツバチ、大寒波でさらに減少か





(´-`).。oO(地球温暖化はどこ行ったんだよ・・・)
ラベル:養蜂
posted by まろんど at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチ・アリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。