2010年05月30日

大野 豊さん(70)

http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000161005260001

「古城公園のチョウ」展開く昆虫研究家
北上する種「情報を」

大野 豊さん.jpg


 「WANTED ナガサキアゲハ」。高岡市で「古城公園のチョウ」の展示会を開催している射水市の昆虫研究家大野豊さん(70)=写真=が、温暖地方の種で県内未確認のこのチョウをチラシで「指名」、市民の情報提供を呼びかけている。
 もともと九州や四国が生息地のナガサキアゲハは近年、北上が伝えられ、約10年前から大野さんも探し続けているが見つからない。最近は石川県で採集が報告され、「県内でも時間の問題」という。
 温暖化で北上中の種はほかにもあるが、ナガサキアゲハは産卵植物の一つ、カラタチが高岡古城公園内の射水神社参道などに植栽され、発見の可能性が高い。2008年夏には長崎県から来た知人が「園内で見た」と伝えてきたが、写真もなかったため記録として採用されなかった。
 県内のチョウの生息種は現在、126種。うち、80種が確認されている高岡市の二上山のチョウの中から18種を、公園内の自然資料館で7月11日まで紹介している。ナガサキアゲハとよく似たモンキアゲハはともに標本で示し、互いの特徴を説明。「採集が難しければ携帯電話のカメラででも撮影しておいてほしい」
 126種の中には、07年に氷見市で採集されたアオタテハモドキなど温暖化で増える種があれば、オオチャバネセセリやウラギンスジヒョウモンなど絶滅が心配な種も。だが全く見られなくても発見の努力が足りないとされれば絶滅とは断言できない。
 チョウの観察歴は中学以来の50年以上。アマチュアながら近く県のレッドデータブックの改訂も担当するが、多様な動植物がいる県内にウオッチャーが少なく、「よく見ていない」といわれるのが悔しい。「ナガサキアゲハには賞金は出ないが、第127種の発見者という大変な栄誉をあげたい。もちろん、私自身がなりたいのだが」

(2010年05月26日 朝日新聞)



(´-`).。oO(蝶研究家のおじいさんか・・・)
ラベル:生息分布
posted by まろんど at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

皇后さまが皇居で養蚕作業 今年初の収穫「良い繭ね」

http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052601000321.html

 皇后さまは26日、皇居の紅葉山御養蚕所で、育てた蚕の繭を今年初めて収穫する「初繭掻」の作業をされた。

 皇后さまは「良い繭になりましたね」と話しながら、自身が桑を与えて育てた蚕が作った繭を、「蔟」と呼ばれるわらの網から一つずつ取り出した。白い繭を手に取り「きれいね」と話す場面もあった。

 宮内庁によると、日本古来の「小石丸」の繭は例年より大きめの重さ1・3グラムほどに成長したという。

 養蚕は明治時代から、歴代の皇后が毎年行っている。

(2010/05/26 共同通信)




(´-`).。oO(みやびですね・・・)
posted by まろんど at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

チョウ目昆虫のゲノム構造の類似性が明らかに

- 新たな農薬開発につながることが期待 -
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20100521/

ポイント

チョウ目害虫とカイコの遺伝子の並び方はほぼ同じであることがわかりました。
カイコゲノム情報を有効利用してチョウ目害虫の遺伝子同定や新たな農薬開発の加速化が期待されます。
狭い領域でのゲノムの再編成が高い頻度で起こることが、チョウ目昆虫の農薬抵抗性発達や多様性の原因と推測されます。


概要

(独)農業生物資源研究所は、フランス国立農学研究所(INRA)などの研究グループとともに2種類のチョウ目害虫ゲノムの一部を解読しました。その結果、チョウ目害虫とカイコの遺伝子の並び方はほぼ同じであることがわかり、カイコのゲノム情報がチョウ目害虫の遺伝子同定に有用であることを明らかにしました。
ヨトウムシ(ヨトウガの幼虫)などのチョウ目害虫は、農薬抵抗性を獲得しやすく農業上大きな問題となっています。今回、2種類のチョウ目害虫(オオタバコガ及びツマジロクサヨトウ)のゲノムを解読してカイコゲノムと比較したところ、遺伝子の並び方がほぼ同じであることがわかりました。この結果は、カイコゲノム情報を利用すればチョウ目昆虫の遺伝子同定が容易になることを示しています。今後、カイコのゲノム情報を利用して、チョウ目害虫の防除に有効な新規の農薬開発などが進むと期待されます。一方、カイコと2種類のチョウ目害虫のゲノムを詳細に比べてみると、遺伝子間の距離、遺伝子の向きや増幅数に多くの違いがあることがわかりました。狭い領域でのゲノムの変わりやすさが、様々な環境への適応性を向上し、チョウ目昆虫の多様性を生み出す原因となっている可能性が明らかになりました。
農業生物資源研究所は、平成18年12月にINRAと共同研究に関する覚書(MOU)を締結し、カイコ以外のチョウ目昆虫のゲノム情報の取得とカイコゲノムとの比較解析及びその利用に関する研究を日仏共同で進めてきました。今回の研究成果は、その一部を2010年4月13日に米国科学アカデミー紀要(PNAS)で発表したものです。

予算: 農林水産省委託プロジェクト「アグリ・ゲノム研究の総合的な推進(昆虫ゲノム)」(平成19−23年度)

参考資料
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20100521/ref.pdf

(平成22年5月21日 独立行政法人 農業生物資源研究所 プレスリリース)



(´-`).。oO(害虫駆除の効率が上がるんですかね・・・?)
posted by まろんど at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

まちかど:「要注意」外来種チョウ、県内で幼虫確認 アカボシゴマダラ繁殖か /埼玉

http://mainichi.jp/select/science/news/20100427ddm012040176000c.html

 県自然学習センター(北本市荒井)は、タテハチョウ科で外来種のチョウ「アカボシゴマダラ」の幼虫を県内で初めて確認したと発表した。外来生物法で生態系に影響を及ぼす可能生がある「要注意外来生物」で、これまで成虫だけが確認されていた。幼虫が発見されたことは、県内でも繁殖していたことになる。

 発見されたのは、北本市の北本自然観察公園内で大きさ2センチほどの幼虫。国内では奄美大島のみで生息しているのが確認されている。中国原産のものが流入したとみられる。同種は、国蝶(こくちょう)で希少種のオオムラサキの幼虫と食べる草木が競合している。

(毎日新聞 2010年4月27日)



(´-`).。oO(蝶の世界もしのぎ争いが厳しいんですね・・・)
ラベル:外来種
posted by まろんど at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。