2010年04月22日

蝶に連れ去られる男!意外な結末を迎える動画が話題に

http://rocketnews24.com/?p=29132

3月29日に動画サイトYoutubeに公開された動画が話題を呼んでいる。野原でピクニックを楽しんでいる青年たち。不意に1人の男性に蝶が群がり始める。次第に大量の蝶が集まり、振り払うのに躍起になっていると…。蝶に連れ去られてしまうのだ。あまりにも予想外の結末に衝撃を受ける。



この動画は、ティーザー広告と呼ばれるものでいわゆる『覆面広告』だ。本来、広告で伝えるべき商品についての要素を意図して明らかにせず、注目を集める広告手法なのだ。動画は、アメリカの半導体・ソフトウェアメーカーのクアルコムが公開したもの。クアルコムは近年、画期的な省エネディスプレイシステムを開発。先頃、製品化に漕ぎ着けた。この技術は『蝶の羽』が太陽光を浴びて色鮮やかに見える光彩原理を応用したものだ。これによって、ディスプレイに反射する光を利用して、省エネ化が可能。モノクロ画面の電子書籍端末の場合には、5分の1まで電力消費を抑えるという。この技術を広く世に伝えるために、蝶の動画を公開したものと考えらている。

ちなみに4月1日のエイプリルフールには、偽の記者会見まで行い、世間を楽しませた。この動画は、公開から1週間で56万回閲覧されている。クアルコムの新技術を盗んだ男が蝶に襲撃されるという内容なのだが、それにしても結末が予想外過ぎて面白い。(2010年4月5日 ロケットニュース24)

参考リンク
http://www.geeksaresexy.net/2010/04/02/butterfly-rampage-quallcomm-marketing/



(´-`).。oO(発表前の極秘iPadをなくした人もこうやって消されたんでしょうね・・・)
posted by まろんど at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ゆく春を彩るツマキチョウ=東京

http://www.jiji.com/jc/p?id=20100413161354-9209845

ツマキチョウ.jpg


文京区の小石川植物園で春を惜しむツマキチョウ(6日撮影)。羽の表側は白色で、雄は先端が黄色くなっている。閉じた羽の裏側は木の葉のような迷彩色で、周囲と見分けがつかない。この時期しか見ることができない 【時事通信社】



(´-`).。oO(春ですなあ・・・)
posted by まろんど at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ネット競売・危惧種チョウ、運営会社が出品削除へ

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100409-OYT1T00243.htm

 インターネットオークションに絶滅危惧(きぐ)種のチョウの標本が出品されていた問題で、オークション運営会社が岐阜県内の自然保護団体から指摘されたヒメヒカゲ、ヒメシロチョウのオークション中止を決めた。

 運営会社は「今後、環境省のレッドリストで絶滅危惧2類以上に指定されているものは、標本を含めて出品しないように検討する」としている。

 出品されていたのは、絶滅の危険性が高い絶滅危惧1類のヒメヒカゲ、危険性が迫っている同2類のヒメシロチョウ。岐阜・美濃生態系研究会(三輪芳明会長)が先月25日、「私的な商取引を促進させ、乱獲を助長する恐れがある」として、オークション運営会社「ディー・エヌ・エー」(東京都)にオークションからの削除などの自主規制を求める抗議文を送った。

 抗議を受け、同社は対応を協議した結果、今週中にヒメヒカゲとヒメシロチョウについては削除することを決めた。さらに、絶滅危惧2類以上の標本、生体についても現在、出品数を調査しており、削除する方向で検討している。

 同社広報部は「これまでも天然記念物などについては法律に抵触しないように基準を設けてきたが、指摘を受け、絶滅危惧種について見直しを行った。出品者にも理解を求めていく」と話している。

 同研究会顧問の遠藤克彦・山口大名誉教授は「学術用や子供の学習以外の商業目的の採集に歯止めをかけるためにも一歩、前進した決定で、一定の評価をしたい。今後、このような取り組みが進むことを期待したい」としている。
(2010年4月11日23時58分 読売新聞)



(´-`).。oO(すべてのオークション会社がこうするわけじゃないでしょうね・・)
posted by まろんど at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

北米最大のイモムシの凶悪な姿

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2010/04/post-60c6.html

 北米最大のイモムシ、ヒッコリー・ホーンド・デヴィル(Hickory Horned Devil)の動画。虫嫌いの方必見! 気絶しますよ。
 虫専門のサイト"Totally Buggin!"によれば、これはヤママユガ科に属するリーガル・モス(Regal moth、蛾の王様の意)の幼虫で、12〜14cmになるということだ。「ヒッコリーの木の角が生えた悪魔」という名前のとおり、頭の方にはオレンジと黒の邪悪な角が何本も生え、その太くて長い胴体はトゲトゲで守られている。しかし上記のサイトによれば、毒はないとのこと。
 動画を埋め込むといきなりインパクトのあるサムネイルがページ上に表示されてしまうので、みたい方は右のリンクからどうぞ。 (YouTube - Hickory Horned Devil Caterpillar (part 1))
 しかし「北米最大」ってことは、世界にはもっとデカい奴が…【吉】



(2010年4月 4日 東京福袋)



(´-`).。oO(なかなか可愛いじゃないか・・・)
posted by まろんど at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。