2010年03月03日

金治さんと絶滅危惧種展:貴重なチョウなど550点−−日田市立博物館 /大分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000203-mailo-l44
http://mainichi.jp/area/oita/news/20100301ddlk44040312000c.html

 希少なチョウ、ガを一堂に集めた「長金治さんと絶滅危惧(きぐ)種展」(毎日新聞社など後援)が28日、日田市立博物館で始まった。環境省指定の絶滅危惧種や県レッドデータブック掲載のチョウ27種を含む標本550点が展示され、研究者や好事家の関心を集めそうだ。

 同市琴平町出身で、52年に日田博物同好会を結成した長さん(77年に82歳で死去)のコレクション。山林業の傍ら、登山やチョウの魅力にとりつかれ、くじゅう連山、北アルプスを含む国内だけでなく、台湾にも飛んだ。生涯で集めた昆虫標本は約1万点にのぼる。

 60年に開館した市立博物館に約4000点を寄贈し、残りも遺族が贈った。チョウ247種(一部外国産)は、国内で確認されているのが約250種であることから、足跡と業績のすごさが分かる。

 5年前から捕獲禁止になったクロシジミ、くじゅう連山から姿を消したオオルリシジミ、日田では40年前に絶滅したオオウラギンヒョウモンなどが目を引く。博物館昆虫教室の梅山秀人指導員は「長コレクションはチョウの消長をたどるタイムカプセル。楽しんでほしい」と話す。

 入館無料。4月4日まで(無休)。

(毎日新聞 2010年3月1日)



(´-`).。oO(すごいコレクションですね・・・)
ラベル:希少種
posted by まろんど at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

チョウはどう飛ぶの? 東大、超小型センサーで解明へ





(´-`).。oO(メンテ長すぎだろ・・・seesaa・・・)
posted by まろんど at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

オオムラサキの幼虫を保護

http://www.nhk.or.jp/utsunomiya/lnews/05.html

那須烏山市の山林で、国のちょう、国ちょうとして知られる「オオムラサキ」の幼虫を、野鳥に食べられないように捕まえて保護する作業が、親子連れが参加して行われました。

オオムラサキの幼虫はこの時期、体長が1センチほどで茶色い色をしていて、落ち葉の下で冬を越しています。
放っておくとほとんどが野鳥に食べられてしまうため、栃木県内で環境学習に取り組んでいるグループが、毎年、那須烏山市内の山林で子どもたちと一緒に幼虫を捕まえて保護しています。
13日は栃木県内の小学生と保護者、それに地元の人たちなどあわせて60人が参加しました。
山林はうっすらと雪が積もり、幼虫はなかなか見つかりませんでしたが、子どもたちは落ち葉を一つひとつ裏返しては、葉の裏側に張りついている幼虫を探して、1時間ほどの間にあわせて91匹を捕まえました。
参加した子どもたちは、「幼虫を見つけるのが難しかった」とか、「幼虫探しは面白かった」などと話していました。
捕まえた幼虫は、鳥よけのネットを張りエサとなるエノキを植えた屋外の飼育場で6月ころまで保護し、羽化したあと再び山林に放すことにしています。(二月十三日 NHKオンライン)



(´-`).。oO(楽しそうですが、意味はあんまりなさそうな・・・?)
ラベル:虫と子供
posted by まろんど at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

季節移動をするチョウは風に乗って長距離をスピード移動、研究報告





(´-`).。oO(時速100キロってマジかよっ!?)
ラベル:新発見
posted by まろんど at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。