2010年07月06日

シロアリ:女王、果物の香り 岡山大チームがフェロモン特定、産卵抑制や駆除応用も

http://mainichi.jp/select/science/news/20100706ddm012040013000c.html

 シロアリの女王が「繁殖者」の地位を示すために分泌するフェロモンの正体を、松浦健二・岡山大准教授(社会生物学)らが突き止めた。果物などに含まれる芳香成分で、他のアリが女王になるのをこの香りで制御しているらしい。同じ物質を人工的に合成することで、効果的なシロアリ駆除に応用できるという。6日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。【大場あい】

 シロアリ社会には王、女王、働きアリなどの階層がある。繁殖は女王だけが担い、死んだり産卵できなくなると、同じ巣の複数の雌アリが次の女王になって繁殖を続けるが、巣の規模に見合った産卵数が保たれている間は、他の雌アリは女王になれない。こうした現象にどんな物質が関与しているのかは50年以上、謎だった。

 松浦准教授らは、岡山県内の二つのヤマトシロアリの巣から女王アリを100匹ずつ集め、これらが放出する微量の物質を分析した。その結果、リンゴやバナナなどの香り成分「ブチルブチレート」と、ブドウやワインに含まれる「2−メチルブタノール」と分かった。雌の働きアリからは検出されなかった。

 二つの成分を別々に働きアリの集団に近づけると、女王アリがいない時と同様、女王になるアリが増えたが、混合物を近づけると女王の数は限定された。このことから、2成分の混合物質が「女王フェロモン」であると結論づけた。

 松浦准教授によると、女王アリの数は巣の規模によって変わるが、働きアリが育てきれないほど卵が増えないよう、巣の繁栄に最適な女王の数を女王フェロモンが調整しているらしい。

 女王フェロモンを人工的に合成し、シロアリ駆除の際に使うことで、生き残った雌の働きアリが女王になって集団を再建するのを防げるという。

(毎日新聞 2010年7月6日)



(´-`).。oO(女王フェロモン・・・なんという響き・・・)
タグ:新発見
posted by まろんど at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

夏へ向けて!!!ゴキブリに遭遇した時の意外な武器

http://npn.co.jp/article/detail/13652995/

 夏が近くなると、冬の間は裏に隠れていたゴキブリが表へ顔を出し始めてくる。

 家の中に寄って来ないように気を付けても、何かの拍子で忍びこんできて、遭遇する機会があるだろう。その時にパニックにならないために、武器を準備して万が一の備えあるべし。ゴキブリ退治用のスプレーも1つの手段だが、今回は別の用途で使うアイテムが意外と使えるので紹介しよう。
 使える場所は非常に限定されるものの、絶対的な攻撃力を持つアイテムで、日本の一般的な家庭に一つは置いてある排水口の詰まり解消のアイテムであるラバーカップ、通称『すっぽん』。(※地域や家庭によって通称は異なる)ゴキブリを退治する時に一番気になることは、丸めた新聞紙で叩いた時に、ゴキブリが潰れた後に出る体液だ。そのことを気にしてしまい、ゴキブリを狙うのをためらってしまうと、まんまと逃げられてしまうので、一瞬のスキも許されない。逃げられてしまったら持久戦になってしまうからだ。
 この場所、この時間で決着をつけ、より良い睡眠を得るためには集中力を切らしてはいけない。出来るだけ汚すことを避けて退治したいと思う人にとってラバーカップはオススメ。(※最小限に抑えることは出来るが、100%ではない)

 ラバーカップの中にゴキブリを上手く捕える必要があるが、カップの中に入れてしまえば、ほぼ大丈夫。ゴキブリを背後から追うと察知されやすいので、必ず先回り、最悪、平行線になろう。ラバーカップは狭い場所へ逃げられてしまっては使い物にならないので、戦えるフィールドの確認はお忘れなく。
 何とか捕えた場合は、トイレ詰まりを解消する使い方と同じように、ゴキブリを潰さない程度に2、3回シュポシュポとやってみよう。

 詰まりを解消するあの空気のパワーをゴキブリにそのままブツけたらどうなるか?
 閉塞空間で急激にカップが収縮することにより、ゴキブリの周囲にある空気が一瞬のうちに凶器へと変わるのである。急激にパワーアップした変異型のゴキブリがいることを想定して、ラバーカップでシュポシュポする回数は5回あれば間違いないだろう。想定外の攻撃を受けてグロッキーになってるゴキブリをしっかり処理して、退治できる。
 エリア限定の退治法ではあるが、ゴキブリ退治専用の新品のラバーカップを加えてみてはいかがだろうか?
 トイレで使用済みのラバーカップを部屋では使わないように気をつけよう。

 個々人の能力に頼る部分もあるため上手くいくかどうかの保証ができないが、効果は実証済みだ。

(2010年06月10日 リアルライブ)



(´-`).。oO(猫とかアシダカグモとか飼えばおk・・・)
タグ:害虫
posted by まろんど at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

バーチャルな「ゴキブリとの生活」でゴキブリ恐怖症を治療

http://slashdot.jp/articles/10/05/19/071240.shtml

拡張現実(AR:Augmented Reality)でゴキブリ嫌いを直そうという研究が最近発表されたそうだ(本家記事)。

この装置ではヘッドセットを通して自分の見ている世界を「ゴキブリ付き」で体験できるとのこと。考えるだけでも鳥肌が立ちそうだが、手法としては恐怖症治療に多用されるものだそうだ。恐怖の原因に徐々に晒されることでその恐怖と少しずつ向かい合い、最終的には恐怖の度合いを軽減したり克服したりすることができるという。

この研究はその第一段階として、ARでゴキブリを「体験」することで実際のゴキブリに遭遇したときと同じ恐怖反応を引き出すのが目的だったとのことで、これには成功したという。被験者は「ゴキブリ恐怖症」という6名の女性だったそうだが、皆非常に高い不安レベルを示したとのことだ。

この研究が成功すれば、飛行恐怖症や高所恐怖症など、その状況を作り出すのが難しい恐怖症の治療に繋がると考えられているそうだ。

(2010年05月19日 スラッシュドット)



(´-`).。oO(余計ひどくならないのかな・・・)
posted by まろんど at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

周囲を汚さずにゴキブリを瞬殺する方法

http://getnews.jp/archives/59663

暖かい季節になると吹く風が気持ちよくなるが、害虫がどんどん人間の目の前に出てくるようになり気持ち悪くなる。特に気持ち悪いのはゴキブリだ。あの光沢した表面を見るだけでゾッとしてしまうという人も多くいるだろう。そんなゴキブリだが、インターネット掲示板『2ちゃんねる』にゴキブリを退治する方法が掲載され話題になっている。

効果的な退治方法として、「ゴキブリは洗剤かければ皮膚呼吸ができなくなって即死する」という方法が掲載されているが、漂白剤や洗剤をかけても即死といえるほど早く絶命せず、けっこう長い間もがいてウネウネしているケースが多い。しかもゴキブリを退治した後に洗剤をふき取ったり、いろいろと面倒である。

そこで、2つの効果的なゴキブリ退治方法をご紹介したいと思う。まずひとつが、熱湯をかけるという方法だ。ゴキブリの行方を見失わない状態のときは、ヤカンや鍋でお湯を熱湯をわかし、熱湯をコップに入れてゴキブリにぶっかけよう。ゴキブリは熱湯に触れた瞬間に絶命するため、ジタバタせずにその場にシンナリとして倒れる。この方法に欠点があるとすれば、熱湯に弱い床では使用できないことと、熱湯の扱いに注意が必要という部分だ。

もうひとつのゴキブリ退治方法は、高アルコールの酒をぶっかける方法だ。アルコール度の高いお酒をゴキブリにかけると、絶命するまでの時間は熱湯よりも長いものの、漂白剤や洗剤等よりはるかに早く絶命する。特にオススメのお酒は、アルコール度97〜98パーセントのお酒『スピルタス』だ。このお酒は1瓶で1000円以下で購入できるはずである。とてもアルコール度が高いので、すぐに自然蒸発し、汚れを残さないのも良い。欠点があるとすれば、アルコールに弱い床に使えないという部分である。

(2010.05.17 ガジェット通信)



(´-`).。oO(お湯とか酒とか使ったら部屋が汚れるじゃん・・・)
タグ:害虫
posted by まろんど at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。